林檎舎ニュース

投稿日:2016/08/13

高校野球 明徳義塾vs境の試合での誤審が物議を醸す:ランダウンプレーでホームへ生還、判定は正しかった?

高校野球 明徳義塾vs境の試合での誤審が物議を醸す:ランダウンプレーでホームへ生還、判定は正しかった?

夏の全国高校野球、大会7日目の第2試合、高知・明徳義塾高校vs鳥取・境高校の試合誤審があったと物議を醸しています。

誤審とみられる判定はこの試合の8回裏。ニュースでは「ランダウンプレーの勘違いでホームへ生還するハプニングが起きた」と取り上げられている。

代打・寺西の寺西がショートゴロを放ち、三塁ランナーが飛び出してしまい、三塁ランナーは三塁に戻ったが、二塁ランナーが既に三塁におり、境高校の守備陣は二塁ランナー・三塁ランナーと順番にタッチ。この場合の判定だが、ルール上では二塁ランナーがアウトとなるが、三塁ランナーはアウトにならないという。

その隙をついた三塁ランナーがホームインしたが、ランナーが三塁から離れている時にタッチを試みたのだが、このタッチの判定はセーフ。そのままホームインが認められ7点目が入ったというもの。このタッチした瞬間がツイッターで拡散され、物議を醸している。

日野高審判副委員長は試合後、「ベース上で2人の走者が重なった時、優先権は三塁走者にある。この試合では、三塁走者へのタッチ行為はあったが、タッチはできていなかった。本塁生還は認められる。審判が目視で見ているが、ビデオでの判定はしていない」と説明しているという。

ネット上では「どう見ても誤審」「審判見てた?」と非難の声が殺到しているが、境高校の坂口健一監督は「帰ってからビデオで確認する」「抗議は考えていない」とコメントしている。

誤審があったと思われるプレーの動画

2016 夏 全国高校野球選手権 2回線
8回裏 明徳義塾 2点追加
ただ2点目が審判が説明したけどよくわからなかった。一死2、3塁で6ゴロ→3塁ランナー、2塁ランナーが3塁ベース上で…2塁ランナーだけアウト??

タッチしてないとセーフ判定…誤審の瞬間が拡散され話題に

この判定で勝敗が変わったという訳ではないですが、境高校の選手や応援する人にとっては後味の悪い試合となってしまいました。
8/13 明徳義塾高校vs境高校 誤審の瞬間1
8/13 明徳義塾高校vs境高校 誤審の瞬間2
8/13 明徳義塾高校vs境高校 誤審の瞬間3
8/13 明徳義塾高校vs境高校 誤審の瞬間4

明徳義塾高校vs境高校で誤審、ツイッターの反応は?

この試合の8回裏、三塁ランナーが離れている時にタッチした瞬間がツイッターで拡散され物議を醸していますが、審判の判定はセーフ。この不可解な判定に対しネットでは「審判見てないじゃん」「誤審が多い」といった声が多く投稿されています。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 私立寄せ集めはおかしい

    全国からの寄せ集めで地元選手のいない明徳義塾 ほかにも多数あるが。
    そもそも高校野球のありかた 地元の高校を応援する気持ちもなくなる
    境高校は地元出身者のみ 確かに高校野球は実力や前評判以上に雰囲気や気分で流れが変わる
    審判の誤審で試合が変わるのはかわいそう 後味わるすぎ ビデオ判定も必要 境高校の選手も抗議したい気持ちはあったが、審判絶対のルールのため我慢 素人審判は辞退すべき

Return Top