林檎舎ニュース

投稿日:2016/04/17(最終更新:2016/04/19)

熊本地震の被害対策に「災害支援手帖」「東京防災」二冊の災害対策マニュアルが無料公開中

熊本地震の被害対策に「災害支援手帖」「東京防災」二冊の災害対策マニュアルが無料公開中

4月16日午前1時25分に本震が発生した熊本地震での被害対策にと「災害支援手帖」(著者:萩上チキさん・木楽舎)と、東京都が作成・配布されていた“ガチすぎる防災マニュアル”としても有名な「東京防災」の二冊が現在、無料公開されています。

「災害支援手帖」は2016年3月に発売されたばかりの新刊で価格は税込1296円。「東京防災」は都民に無料配布されていたものですが、好評だったこともあり書店にて140円で販売されていました。

災害支援手帖は木楽舎の特設ページにて公開、東京防災はアマゾンのKindleやアップルのiBooksなどで無料公開中です。
(公開ページは下にリンクがあります)

チキさんの『災害支援手帖』だが、ポップなイラストを多用したページをどう作成したのかなと思っていたが、電子書籍用のデータを使って新たに作成したものだったのですね。負担をかけてつくって無料提供ってことに感銘受けました。
これは有難い。著作者様と出版社様の英断に感謝。あと「東京防災」はチラ見しただけだけど本当に役立つ情報満載。
荻上チキさんの災害支援手帖はとても分かりやすく読みやすく、押さえるべき心構えを知ることができるのでオススメです。本当。何をどう支援すればいいのか…という人も、支援するぜ!と意気込んでる人も、別に興味ないしーという人も、俺経験者ですけどって人も、一度は読んでほしいと本気で思うよ
『災害支援手帖』(荻上チキ 著)を特別に公開しているものです
期間限定ですし、本来は書店で購入するものであることを申し添えます
3月に出たばかりの新刊、無料で提供
雑誌『ソトコト』を手がける木楽舎は4月15日、荻上チキさんの『災害支援手帖』(税込1296円)を無料公開しました。『災害支援手帖』は、荻上さんがNPOやボランティアの人たちから聞いた事例を紹介。
『災害支援手帖』は今年3月に発売されたばかりの本ですが、木楽舎の担当者は「荻上さんから無料公開の提案があり、すぐに決断しました。電子書籍用のデータなどを使って、10時間くらいかけて一気に作業をしました」と話します。

災害支援手帖
災害支援手帖
posted with amazlet at 16.04.16
荻上チキ
木楽舎 (2016-03-02)
売り上げランキング: 81

熊本地震、市販の書籍、無料公開の輪『災害支援手帖』『東京防災』

 雑誌『ソトコト』を手がける木楽舎は4月15日、荻上チキさんの『災害支援手帖』(税込1296円)を無料公開しました。『災害支援手帖』は、荻上さんがNPOやボランティアの人たちから聞いた事例を紹介。ポップなイラストをたくさん使って、普段はとっつきにくい災害支援の考え方、具体的な行動の起こし方を説明しています。

 東京都が作成した『東京防災』も、アマゾンの「Kindle」やアップルの「iBooks」などで、無料公開されています。都民のために無料配布された『東京防災』ですが、イラストが多くてわかりやすく実用的と好評で、書店で1冊140円で市販されると売り切れるところも出ていました。

 もともとPDFファイルを東京都のサイトからダウンロードできるなど、ウェブ上では無料公開されていましたが、通信環境によっては読みにくかったり、ダウンロードできない可能性もありました。

 熊本地震では停電などが相次いでいることから、一度、ダウンロードすれば無線LANなどがなくても読める電子書籍版に注目が集まりました。

【参照】withnews

災害支援手帖 臨時公開版を限定公開しました。

2016年4月14日(木)に発生した熊本地震の影響により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

株式会社木楽舎では、弊社発行の『災害支援手帖』(荻上チキ 著)の全ページを公開いたします。【公開期限未定】

支援にご尽力されている方々、これから支援しようとされる方々の一助となりましたら幸いです。

今後の余震もふくめまして、被災地の皆さまのご無事と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

【参照】災害支援手帖 臨時公開版:木楽舎特設ページ

「災害支援手帖」著者 萩上チキ氏の無料公開決断に賞賛の声

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top