林檎舎ニュース

投稿日:2016/07/06(最終更新:2016/07/12)

京都先斗町の鴨川沿い「茜屋純心軒」が火元の火事が発生、延焼した火災は約4時間後に鎮火

京都先斗町の鴨川沿い「茜屋純心軒」が火元の火事が発生、延焼した火災は約4時間後に鎮火

7月5日午後7時10分ごろ、京都市中京区先斗町通三条下ル橋下町の炭火焼き居酒屋「茜屋純心軒(あかねや じゅんしんけん)」から出火し火事が起きたが、約4時間後に鎮火された。SNS上には現場となった先斗町(ぽんとちょう)を撮影した写真が多く投稿されており、一時は火が激しく燃え広がっている様子も収められています。

この火災で「茜屋純心軒」の男性従業員が手の甲にけがを負ったほか、煙を吸って気分が悪くなった近所の店にいた女性客が病院に搬送されています。

5日午後7時すぎ、京都市中京区の先斗町にある飲食店の従業員から「厨房が燃えている」と消防に通報があり、火災が発覚した。

京都市中央区・先斗町の鴨川沿いで営業していた「茜屋純心軒」の厨房から出火した火災で、同店の延べ約220平方メートルの2階部分のほか、南側の飲食店木造2階建て延べ約70平方メートルが焼けたという。

消防によると、この火事で飲食店の従業員の23歳の男性1人が手に軽いけがをしたほか、近くの店にいた38歳の女性も煙を吸って気分の悪さを訴えて病院に運ばれました。

先斗町は京都の花街の1つで、鴨川沿いの路地の両側にお茶屋や飲食店など昔ながらの建物が建ち並び、京都でも有数の観光名所として知られている。現場のすぐ近くには、芸妓や舞妓が唄や踊りを披露する歌舞練場などがある場所。

火災現場は、京都五花街の一つとして知られる先斗町通に面した先斗町歌舞練場の南約20メートル。細い道の両側に飲食店が立ち並ぶ。周辺の飲食店の客や従業員らが避難誘導され、騒然となりました。

警察と消防がこの火事の詳しい原因などを調べています。


京都府先斗町・火災現場の現場写真など

京都先斗町の火事・の発生当時の映像
京都先斗町の火事・火災の現場写真1
京都先斗町の火事・火災の現場写真2
京都先斗町の火事・火災の現場写真3
京都先斗町の火事・火災の現場写真4
京都先斗町の火事・火災の現場写真5
京都先斗町の火事・火災の現場写真6
京都先斗町の火事・火災の現場写真7
京都先斗町の火事・火災の現場写真8
京都先斗町の火事・火災の現場写真9
京都先斗町の火事・火災の現場写真10
京都先斗町の火事・火災の現場写真11
ツイッターには火災発生時の先斗町を撮影した写真が多く投稿されています。
消火活動が難航し、火は出火から約4時間後にほぼ鎮火されました。

鴨川近く「茜屋純心軒」の周辺地図

火事の火元となった「茜屋純心軒」(あかねやじゅんしんけん)の所在地は「京都府京都市中京区先斗町通三条下ル橋下町136」で鴨川沿いで営業していた炭火焼き居酒屋です。

先斗町で起きた火災、ツイッターの反応は

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top