林檎舎ニュース

投稿日:2016/07/02

京大病院の火事・爆発、放射性物質扱う「RI(放射性同位元素)低レベル実験室」から出火:検出された放射線量は微量

京大病院の火事・爆発、放射性物質扱う「RI(放射性同位元素)低レベル実験室」から出火:検出された放射線量は微量

7月1日午後6時15分ごろ、京都市左京区の京大病院(京都大学付属病院・旧産婦人科病舎)の1階実験室「RI(放射性同位元素)低レベル実験室」を火元とした火事・爆発が発生。約30平方メートルを焼いて約4時間に消火されました。

実験室では放射性物質を扱っており、京都市消防局が付近で放射線量を測定、火災直後に毎時0.5マイクロシーベルトを検出したが、健康への影響はないとみている。京大病院でも同様に測定したが、放射性物質は検出されなかったという。

ネット上では放射線量(放射性物質の漏れ)を心配する声があがっている状況です。

京大病院の火事の出火元は「RI(放射性同位元素)低レベル実験室」と発表。稲垣暢也病院長によると、出火前に男性研究員が医薬品開発のための実験をしていたという。この火災爆発で男女3人の研究員が煙を吸い、このうち男性1人が経過をみるため入院したという。

火元の建物はかつて産婦人科病舎として使われていたが、現在は医学部の研究室などが入っている。

川端署によると、同室は低レベル放射線の実験室で、出火時は無人だったという。さらに市消防局によると、消火活動の際に室内で毎時0・5マイクロシーベルトの放射線量を観測しているが、担当者は「人体に著しく影響を及ぼす量ではない」と説明している。

稲垣暢也病院長が報道陣の取材に応じ、「研究員が1人で実験中だった。周囲に放射性物質が拡散していないことを確認した」と話している。

当時は実験中だったということで、警察などが出火原因を調べています。


京大病院、旧産婦人科病舎での火事:現場の写真や様子など

京大病院の火事:現場写真1
京大病院の火事:現場写真2
京大病院の火事:現場写真3
京大病院の火事:現場写真4
京大病院の火事:現場写真5
現場となった京大病院(旧産婦人科病舎)1階の実験室から出火した火事で現場周辺は一時、騒然となりました。出火した火災は約4時間後に消火されましたが、実験室の約30平方メートルが全焼しました。

京大医学部付属病院の火事、ツイッターの反応

京大病院の火事・爆発が起きた場所が放射性物質を扱う「RI(放射性同位元素)低レベル実験室」ということもあり、放射線量(放射能漏れ)を気にする声が多くあがっていますが、2日午前3時の時点の報道での被害状況は研究員3人が煙を吸って体調不良を訴えているとのこと。

この火事での放射線量については、消火にあたった消防局が室内で毎時0・5マイクロシーベルトの放射線量を観測しているものの、担当者は「人体に著しく影響を及ぼす量ではない」と説明。

京都大学付属病院によると、一帯は放射線管理区域で施錠されており、「研究員が1人で実験中だった。周囲に放射性物質が拡散していないことを確認した」と話しています。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top