林檎舎ニュース

投稿日:2016/03/24

医薬品「ロキソニン」に重大な副作用が指摘されるも食後の服用なら問題なし 胃や腸に腫瘍・腸閉塞の恐れも

医薬品「ロキソニン」に重大な副作用が指摘されるも食後の服用なら問題なし 胃や腸に腫瘍・腸閉塞の恐れも

3月22日に医薬品医療機器総合機構(PMDA)が発表した内容によると、解熱・鎮痛剤として処方される「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(通称:ロキソニン錠)の重大な副作用の項目に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」を追記するように指示しました。

ネット上では、ロキソニンが胃や腸に腫瘍を作る副作用については知っている方が多く、食後に服用することで副作用が発生する確率はグッと低くなるようです。病院でロキソニンが処方される場合は胃薬(ムコスタ)と一緒に処方されることが一般的ですが、市販のロキソニンを購入・服用する場合は注意が必要となりそうです。

ロキソニンには胃や腸に潰瘍を作る副作用があることは、愛用している人にとっては常識だと思っていた。潰瘍で腸閉塞までなるとは考えが及ばなかったけれども。というわけで、ロキソニンを飲むときは必ず、何か胃に入れてから。何もないと簡単に穴が開くよ。
ロキソニンはバファリンと違って半分が優しさでできてないから胃に優しくない、ということは、病院でムコスタと一緒に処方されたことのない人には分かってないと思うんだ。多分多くの人はバファリンの効くやつ、くらいの気持ちで飲んでる
あと、多分ロキソニンを便利な痛み止めだと思ってバリバリ飲んでる人は知らないかもしれないが、薬物乱用頭痛(痛み止めの薬を飲み過ぎたせいで頭痛)(月10日以上)になるから気をつけろ。なった断薬(薬を飲まない)という手しかないぞ。辛いぞ。
ロキソニンは胃腸系に潰瘍ができる確率が高いのでムコスタという胃薬を共に内服するのが一般的。セレコックスの方がロキソニンより胃腸系副作用は低い。前者二つは喘息の方はNSAID禁なので飲むならカロナールという薬がベストです。
ロキソニンとかの鎮痛剤はプロスタグランジンを抑えることで痛みを感じにくくするんだけど、このプロスタグランジンが胃粘膜保護の役割ももっているから、ロキソニン乱用で消化器系のトラブルを起こしやすいの。食後に飲むか、胃粘膜保護作用のある薬を併用して飲めば大抵は大丈夫だよ

ロキソニン、重大な副作用に大腸閉塞など-使用上の注意に追記

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60mgなど)の使用上の注意について、厚生労働省が「重大な副作用」の項目に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」を追記するよう指示を出したと発表した。【新井哉】

 ロキソニン錠は関節リウマチや変形性関節症、腰痛症、歯痛といった疾患・症状などに対し、消炎や鎮痛などの効能・効果があるとされている。

 PMDAによると、国内で症例が集積したことなどを踏まえ、改訂することが適切と判断。使用上の注意の「重大な副作用」の項目に「小腸・大腸の潰瘍に伴い、狭窄・閉塞があらわれることがあるので、観察を十分に行い、悪心・嘔吐、腹痛、腹部膨満等の症状が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う」などと追記するよう求めている。

【参照】ヤフーニュース

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top