林檎舎ニュース

投稿日:2016/02/17(最終更新:2016/02/22)

自民党・丸山和也議員 国会で差別的暴言発言:撤回・謝罪するも大問題へと発展

自民党・丸山和也議員 国会で差別的暴言発言:撤回・謝罪するも大問題へと発展

2月17日の参議院の憲法審査会で自民党の丸山和也議員が暴言を吐いたことで世間の非難を浴びています。黒人差別とも取れる発言をしたことや、「日本はアメリカの51番目の州になり得るのか。これは有り得る」といった発言も飛び出しています。

丸山議員は緊急の謝罪会見を開き発言を撤回・謝罪したものの、ネット上では議員辞職して当然、といった声が多くあがっている状況です。

自民党丸山和也議員:議会で奴隷発言 1
自民党丸山和也議員:議会で奴隷発言 1
自民党丸山和也議員:議会で奴隷発言 1
自民党丸山和也議員:議会で奴隷発言 1
【自民・丸山議員 暴言で謝罪】自民党の丸山和也議員が「アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。これは奴隷ですよ」などと発言。その後謝罪、撤回した。
「今アメリカは黒人が大統領になっている。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ。奴隷がアメリカの大統領になるなんて考えもしない。(アメリカは)それだけダイナミックな変革をしていく国だ」
とりあえずどんだけ語彙足りてないねんという
丸山和也議員がいいたいのはこういうこと「集団的自衛権とか憲法をめぐってゴジャゴジャあるが、日本がアメリカの州のひとつになれば解決する。そしたら日本人の大統領がうまれるかも。だっていま、元奴隷が大統領やってるんだから」

辞職だこれ。

自民党丸山和也参院議員「アメリカは奴隷が大統領になった」
 自民党・丸山和也参院議員:「例えば日本がアメリカの第51番目の州になることについて、憲法上、どのような問題があるのかないのか。例えば、今、アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。これは奴隷ですよ。はっきり言って。アメリカの建国、あるいは当初の時代に奴隷がアメリカの大統領になるようなことは考えもしない。これだけダイナミックな変革をしていく国なんですよね」

 これは参議院の憲法審査会で飛び出した発言で、他の出席者からは「暴言だ」と批判の声が上がりました。丸山議員は緊急で記者会見を開き、「誤解を与える発言をして申し訳ない」と謝罪し、発言を撤回しました。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ほんとに日本にいる全ての黒人をけなした。わたしは黒人と日本のハーフですが、パパが侮辱されたような気がしました。人類差別だ!オバマをも侮辱した!こんなやつやめろ!やめさせるべき。日本の政治をこんなやつに任せるなんておかしい。

Return Top