林檎舎ニュース

投稿日:2016/06/06(最終更新:2016/06/07)

舛添都知事が記者会見で「第三者の目」佐々木善三弁護士・森本哲也弁護士を公表:都知事は続投を表明

舛添都知事が記者会見で「第三者の目」佐々木善三弁護士・森本哲也弁護士を公表:都知事は続投を表明

6月6日午後4時より東京都の舛添都知事の政治資金などを巡る一連の問題で弁護士による調査結果を公表するため記者会見を開き、舛添都知事が「厳しい第三者の目」と強調していた弁護士二人、佐々木善三弁護士森本哲也弁護士が調査を行ったと公表されました。また舛添都知事に辞任の意向はなく続投することを明言しています。

政治資金問題の調査にあたった弁護士は「違法性はないものの不適切な支出があった」などと繰り返し指摘したうえで、調査にあたった佐々木善三弁護士らが調査結果を説明し、舛添知事が関係する政治団体の支出について、政治資金の使途に制限はないため、いずれの支出も違法性はないとしつつも一部に不適切な支出などがあったと指摘しました。

この中では、19件の宿泊費のうち、新たに、4年前に栃木県日光市のホテルに支払った8万円余りと、6年前に山口県下関市のホテルに支払った7万円余りなど4件合わせて43万円余りについて、主な目的は家族旅行と解釈するのが合理的だなどとして適切とは言えないとしています。

また、2年前と3年前の正月に家族と宿泊した千葉県内のホテルで開いたとする会議については、「相談相手である元新聞記者の出版社社長と、それぞれ数時間と1時間程度面談していた」としていますが、「全体としてみれば家族旅行と判断するほかない」などとしてこれらも不適切だったとしています。

また、これまでに明らかになっているものも含めて14件の飲食費合わせて33万円余りについて、私的な飲食だったなどとして是正を求めています。

さらに、インターネットのオークションなどを通じて多数の美術品などを購入していたことについては、「政治活動と関わりがないとは言えない」としたうえで、「あまりにも多すぎ、合計金額も多すぎる。趣味的色彩が強く、違法ではないものの、政治資金の支出としては不適切だったというほかない」と指摘しています。

舛添知事は「公私の区別を明確にして信頼を取り戻すべく都政の運営に努めていきたい。信用できないという厳しい批判を受けていることは十分承知していて、けじめをつけたい」と述べ、宿泊費や飲食費については個人資産から返金し、慈善団体に寄付したい考えを示しました。

厳しい第三者の目は佐々木善三弁護士・森本哲也弁護士

舛添都知事の説明会見の様子 1
舛添都知事の説明会見の様子 2
舛添都知事の弁明会見。
佐々木善三弁護士「小説、絵画、版画の購入は違法ではないが一部不適切。似顔絵饅頭も違法とも不適切とも言えない。パジャマや下着は家計から支出していると説明があったので、公私混同はなかった」
舛添都知事の説明会見の様子 3
舛添都知事の第三の目である佐々木善三弁護士、森本哲也弁護士にも、第三の目が必要。こんな茶番劇を見せるのが都知事であり、弁護士の仕事なのか?都の職員や家族も腐っている。日本人の政治離れに歯止めをかけなければならない。
舛添都知事と「顧問」弁護士佐々木善三氏らによる会見。記者の質問が始まると、なぜかヤメ検の佐々木善三弁護士が、舛添擁護ともとれる発言。さらに記者に対して『貴方は何もご存知ない』さらには語気を荒げる場面も。どこが『第三者の目』なのか?。予想通りとはいえ、酷い会見だ。
舛添さん、「違法ではない」との調査結果速報が流れてきましたが、この人はまだ理解していないようですね。とっくに違法かどうかの問題ではなくなっているということを。これでは、舛添さんがお金で雇ったヤメ検弁護士に「違法ではない」と言わせるとための調査だったということになってしまいます。
舛添都知事が連呼していた「第3者の目」は佐々木善三弁護士・森本哲也弁護士と公表されました。佐々木弁護士は東京地検特捜部の元検事、森本哲也弁護士も元検事の経歴(通称:ヤメ検弁護士)を持っています。
二人とも現在は「晴海協和法律事務所」という法律事務所に所属しているようです。

舛添都知事の記者会見まとめ

舛添知事会見1)「車は別荘で使用されていない」
参議院議員時代の平成24年に政治資金で2台の車を購入し、このうち1台は神奈川県湯河原町の別荘で私的に利用していたのではないかと指摘されたことについて、弁護士は、別荘で使用されていた事実はないとして不適切な部分はなかったとしました。
舛添知事会見2)「多数の美術品 違法でないが支出は不適切」
弁護士は「政治活動と関わりがないとは言えない」としたうえで、「購入した絵画、版画などはあまりにも多すぎ、合計金額も多すぎる。趣味的色彩が強く、過去に舛添氏が美術品による財テクに言及したことも踏まえると違法ではないものの、政治資金の支出としては不適切だったというほかない」と指摘しました。
舛添知事会見3)「月40万円の事務所家賃は問題なし」
賃料については、周辺の地域の事務所の賃貸物件と比較した結果、相場とさほど変わらず、特段、割高ではないとしています。また、二重支払いについては、自民党の参議院議員だった舛添知事が新党改革を立ち上げたことで、事務所の借り主が自民党の政治団体から新党改革の政治団体に移り、これに伴って、契約上、10日余りの賃料の二重支払いが形式的に生じたもので、問題はないと判断したということです。
舛添知事会見4)神奈川県湯河原町の別荘 売却する考え
舛添知事は、ほぼ毎週末、公用車を使って行っていた神奈川県湯河原町にある別荘について売却する考えを示しました。
調査では、合わせて19件の宿泊費について、目的や使い方などの詳細を調べ、このうち6件、合わせて80万円が「不適切だ」と指摘しました。

6件の宿泊費は合わせて80万2841円に上ります。いずれも、支援者などとの会合を行っているものの、家族や友人とともに宿泊していて、「主たる目的は『家族旅行』だったと解釈せざるをえない」と判断しています。

報告書では「政治資金の使いみちについては法律上の制限はないため、違法とは言えない」としながらも、不適切と指摘された6件について是正の必要があるとしています。6日の会見で、舛添知事は「みずからの個人資産から返金したい」と述べ、慈善団体への寄付を検討していることを明らかにしました。

舛添知事がコミックやクイズ本、それに児童書を政治資金で購入していたことについて、弁護士は「福岡県の出張に家族が同伴した際に購入されているため、家族のために購入したとみられてもやむをえない」として、違法性はないが適切であったとは言い難いと指摘しました。
今回の調査を前に、舛添知事は2年前と3年前の正月に家族で宿泊した千葉県木更津市のホテルの代金合わせて37万円余りについて、すでに返還する意向を示していますが、ホテルで開いたとする会議の実態については明らかにせず、今回の調査の焦点の一つとなっていました。

これについて、今回の調査報告書では、「つきあいが長く、以前から相談相手だった元新聞記者で出版会社の社長を客室に招き会議を行った。2年前の宿泊の際は、都知事選への立候補について1時間程度、3年前は政治家としての今後について数時間程度話し合った」と説明しています。

東京都の舛添知事は記者会見で、「心から反省し、公私の区別を明確にして皆さまがたの信頼を少しずつでも取り戻すべく、粉骨砕身、都政の運営に努めて参りたい」と述べ、引き続き知事の職務に専念する考えを示しました。

さらに、知事を辞職するかどうかイエスかノーかで回答してほしいという記者の質問に対して、舛添知事は「イエスかノーかで簡単に答えるような問題ではない。真摯(しんし)に反省して都政のために働くということだ」と述べました。

調査報告書では「舛添知事は4年後の東京オリンピックに向け、文化を世界に発信することを課題としているため、視察には一応の理由があるといえる」としています。そのうえで、「美術館への視察回数が多く偏りがみられることや、みずからの趣味のためだと疑念を招いていることから、視察先を選定するうえでは、福祉の充実など、都民の声に応えるような行動や配慮が必要だ」と意見をつけています。

記者会見は火に油?舛添都知事の記者会見の反応は

舛添さん解って無いなぁ~いったん偉く成るとみんな勘違いをするだよ~
違法性が有ろうが無かろが今はもう関係が無いと思うよ
政治家って言うのは申し訳ないが基本人気商売だと考えるから堅実正!能力!品の良さ
この人ならと思う 人気が投票に繋がっているのだからね!
何で舛添の弁護士記者に逆ギレしてんの?
違法ではないが不適切って意味が分からん。悪いのか悪くないのか結局グレーになってるじゃん。
弁護士は舛添寄りだな。
第三者の厳しい目「不適切ではありますが違法じゃないですと、舛添様が申しておりましたので違法じゃないです」
政治資金規正法がザル法だから、人間性の低い政治家はそこをトコトン利用する構図なんだね……舛添は政治家の前に人間として出直しするという事だね……都民は二度と選ばないだろう。
適切か否かっていうのが「合法か非合法なのか」というよりは、「都民感情に合うのか感情を逆なでしているのか」っていうところもあるので、舛添さんは「合法だけどすんげ~むかつく都知事」として歴史に名が刻まれるのであった。めでたしめでたし。#舛添要一
二人の弁護士と共に行われた記者会見の様子は民放各局でも中継されましたが、二人の弁護士の方は「不適切ですが違法ではない」と繰り返されるばかりでした。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 第三に告ぐ 早くやり直して

    何であんな桝添の疑惑の第三者になったんだろうと、二人は深く反省しているかな?
    今迄の素晴らしい?経歴が一瞬に崩れ去った、今からでも遅くないから二人で前に言ったことは、間違いだった、もう一度正確に調べ直すと言わないかな?
    あんな報告が都民に納得されるなんて、考えなかった二人の無知な言動は桝添以上の愚かさ。
    そんな二人に仕事を頼む人がいるんだろうか?

  2. 違法ではないのは厳しい第三者のヤメ検弁護士さんに調査してもらうまでもなく明らかだった。
    だって政治資金規正法には不動産と株の取得は駄目って定められてるだけなんでしょう?
    それ以外は何に使っても基本はok。
    ただ、家族旅行や家族の食事、日用品なんてのに使って良いかどうかはわかるはず。
    クレヨンしんちゃんの本とかクイズの本とかどの様に政治活動に使ったのか聞かないとw
    パジャマや下着は家計から拠出?
    疑惑持たれた時にそれについては家計からの拠出ですって言わなかったよね?
    何故、パジャマや下着の疑惑が持たれたのか?
    収支報告書に記載されてたからじゃないの?
    聞き取り調査で舛添本人に聞いたんですってw
    そりゃ、自分に都合の良い説明するわなあ。
    ヤメ検弁護士さんは検事じゃなく弁護士だから、今回の騒動の強制捜査なんて出来んよねw
    舛添は調査対象だけど依頼主w
    ザル法なので抜け道はよく知ってるんだろうけど、そういう所に精通してるってのがなぁ。
    既に違法か合法かの議論ではなく、政治家としての資質を問われてるんだよねえ。
    東京五輪の開催期間中に都知事選をする事になるという事で拒否反応、または参院選に全力であたれないから拒否反応が出てるらしいが、参院選に都知事選もやれば少しは経費抑えられるんじゃないの?
    次の都知事の任期期間だけ2、3ヶ月伸ばして五輪後までにするとか対応出来るんじゃ?
    素人考えだけど何とでも出来そう。
    ザル法の改正で刑事罰もあり得る様にしないとこんな政治家が後を絶たない。
    消費増税延期の方向でしょ?それまでにこのザル法の無駄遣いも何とかしないと消費増税にも賛成できない。

Return Top