林檎舎ニュース

投稿日:2016/04/01

芥川賞作家 目取真俊さんが沖縄県名護市辺野古新基地の抗議活動中に身柄拘束・通称「カヌー隊」に参加か

芥川賞作家 目取真俊さんが沖縄県名護市辺野古新基地の抗議活動中に身柄拘束・通称「カヌー隊」に参加か

4月1日午前9時20分頃、沖縄県名護市辺野古付近の海上で新基地建設に抗議していた芥川賞作家・目取真俊(めどるま しゅん)さんの身柄が拘束されたと報じられました。拘束理由は米軍提供水域の中に入った刑事特別法違反の疑いとみられており、報道では拘束されたのは連日訪れている場所とのことです。

米軍、芥川賞作家を拘束 辺野古で抗議の目取真俊さん(沖縄タイムス)
これに対して怒っている人がいるけど、不法侵入したら拘束されるのは当たり前では。
>代執行訴訟の和解を受けた工事中止後もカヌー隊は海上で抗議を続けている。今回拘束された場所は、連日訪れている場所という
つまり、拘束された目取真俊は立ち入りが規制されている米軍施設区域内に偶然or間違って入ってしまったわけではなく常習的に侵入を繰り返していたと。これは悪質だな
辺野古でカヌーに乗って抗議をしていた芥川賞作家の目取真俊さんが、米軍に拘束されました。
#芥川賞作家 #目取真俊 #辺野古
沖縄名護市辺野古で目取真俊が身柄拘束:抗議活動続く様子

米軍、芥川賞作家を拘束 辺野古で抗議の目取真俊さん

 1日午前9時20分ごろ、名護市辺野古の辺野古崎付近の海上で、新基地建設に抗議していたカヌー隊の男性1人が米軍警備員に身柄を拘束された。関係者によると、拘束されたのは芥川賞作家の目取真俊さんという。フロート(浮具)内の米軍提供水域の中に入った刑事特別法違反の疑いとみられる。

 新基地建設に抗議するカヌー隊が米軍側に身柄拘束されるのは初めてという。

 拘束を受け、キャンプ・シュワブゲート前では、市民約70人が「仲間を返せ」「解放しろ」などと抗議の声を上げた。カヌー隊のメンバーによると、拘束されたのは陸地に近い浅瀬の岩場。カヌーをフロートの中に入れて乗ろうとしていたメンバー1人を、米軍警備員が拘束しようとしたため、目取真さんが止めに入ったところ、警備員は目取真さんを拘束した。

 代執行訴訟の和解を受けた工事中止後もカヌー隊は海上で抗議を続けている。今回拘束された場所は、連日訪れている場所という。

【参照】ヤフーニュース

目取真俊さんの身柄拘束ニュース・ネットでの反応など

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ドキュンマン

    不法侵入だったら拘束されたって当たり前やん。かの嘘ぱち大江も同罪だぜ。

Return Top