林檎舎ニュース

投稿日:2016/08/07

みなとこうべ海上花火大会の会場沖合でプレジャーボートが沈没する事故、防波堤に衝突か:神戸中央区神戸港

みなとこうべ海上花火大会の会場沖合でプレジャーボートが沈没する事故、防波堤に衝突か:神戸中央区神戸港

8月6日午後8時40分頃「第46回みなとこうべ海上花火大会」が行われている会場沖合の神戸市・神戸港の入り口にある第一防波堤にプレジャーボートが衝突し、沈没する事故が発生した。神戸市消防局などによると、乗っていた男女12人全員が救助されたが、20~50代の11人が負傷し、うち50代の男性1人が頭を打つなどして重傷という。

例年、花火鑑賞のために多くの船が湾内に入るため、防波堤の内側は花火大会中の進入・観覧の自主規制区域になっていた。

過去にも同様の事故が起こっており、みなとこうべ海上花火大会の会場沖合では、2012年にも小型船が防波堤に衝突して5人が負傷。昨年も3隻が防波堤に衝突しかけたため、神戸海上保安部が「夜間は視界が悪く、不慣れな操縦は危険なので控えてほしい」と呼び掛けていたが、今年2016年も200隻前後の船が湾内に集まっていたという。

神戸海上保安部は今後、業務上過失傷害の疑いも視野に、船長の男性らから事情を聴く方針です。

第1防波堤は、和田岬(神戸市兵庫区)とポートアイランド(神戸市中央区)の間にあり、全長約1・2キロ。

みなとこうべ海上花火大会の会場沖合でプレジャーボート沈没:現場写真1
みなとこうべ海上花火大会の会場沖合でプレジャーボート沈没:現場写真2
みなとこうべ海上花火大会の会場沖合でプレジャーボート沈没:現場写真3
みなとこうべ海上花火大会の会場沖合でプレジャーボート沈没:現場写真4
みなとこうべ海上花火大会の会場沖合で沈没したプレジャーボート1
みなとこうべ海上花火大会の会場沖合で沈没したプレジャーボート2
みなとこうべ海上花火大会の会場沖合で沈没したプレジャーボート3
みなとこうべ海上花火大会の会場沖合で沈没したプレジャーボート4

神戸港内には立ち入り自粛求めるも事故…ネットの反応は

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top