林檎舎ニュース

投稿日:2016/01/29(最終更新:2016/01/30)

北朝鮮ミサイルに破壊措置命令を中谷防衛大臣が自衛隊に発令したとの独自情報

北朝鮮ミサイルに破壊措置命令を中谷防衛大臣が自衛隊に発令したとの独自情報

1月28日夜、北朝鮮が長距離弾道ミサイルの発射準備をしている可能性が高いと報じられ、中谷防衛大臣が自衛隊に対し「破壊措置命令」を出したと一部メディアで報道されました。テレビ東京の独自取材による情報によると、北朝鮮からの長距離弾道ミサイルの迎撃を可能にする破壊措置命令が出されており、この影響から今週末から予定されていた中谷防衛大臣の沖縄訪問が中止になったと報じられています。

28日日中には「北朝鮮から弾道ミサイルが発射された」という情報が全国53の空港事務所に誤って送信されるという誤送信(国土交通省)もありましたが、この件と報道された破壊措置命令との関連は不明ですが、現時点で一社独占の情報なので信憑性に欠けている状況です。

北朝鮮ミサイル発射に備え 政府が「破壊措置命令」 : ワールドビジネスサテライト(有料限定)
北朝鮮にまたしても不穏な動きが。衛星写真の分析で、北朝鮮北西部の事実上の長距離弾道ミサイル発射台に覆いのようなものがかけられ、人や車両の動きが活発になっていることが分かりました。韓国軍はミサイル発射に向け準備を進めている可能性もあるとして警戒を強めています。
「破壊措置命令」ミサイルなどによる被害が予想されるとき、そのミサイルを領海上・公海上で打ち落とすために防衛大臣が発する命令。内閣総理大臣の承認が必要。緊急時は事前に承認を受けた緊急対処要領に従い命令可能。結果を国会に報告しなければならないが、命令書自体を公開する必要はない。
北朝鮮の動きへの対応
中国:弾道ミサイル追跡艦派遣
米国:同上
日本:きりしま派遣・破壊措置命令下る
 北朝鮮が、長距離弾道ミサイルの発射準備の兆候を見せていることを受けて、中谷防衛大臣はきょう、自衛隊に対し、ミサイルの迎撃を可能にする破壊措置命令を出したことが、テレビ東京の取材で分かりました。

 この影響で、今週末に予定していた中谷防衛大臣の沖縄訪問は中止になったということです。

 北朝鮮が、6日に強行した核実験に続き、ミサイル発射の準備を進めていると見られる背景には、国連安全保障理事会での制裁強化に向けた議論をけん制する狙いがあるものと見られ、日本政府は、アメリカや韓国と連携して警戒を強めています。

【参照】WBS

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top