林檎舎ニュース

投稿日:2016/01/15(最終更新:2016/08/12)

長野軽井沢 碓氷バイパスのバス事故で事業者「イーエスピー」旅行会社「キースツアー」に立入り調査実施

長野軽井沢 碓氷バイパスのバス事故で事業者「イーエスピー」旅行会社「キースツアー」に立入り調査実施

2016年1月15日の午前2時ごろ、長野県軽井沢町の碓氷(うすい)バイパスでスキー客を乗せたバスが道路から転落し、運転手2人を含む14人が死亡するバス事故が発生しました。この事故を受け、青梅労働基準監督署がバスの運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)に、渋谷労働基準監督署が旅行会社「キースツアー」(東京都渋谷区)にそれぞれ立ち入り調査を行いました。

バス会社イーエスピーは2日前の13日にも関東運輸局から監査を受けており、運転手の健康状態を把握していなかったとして所有バスのうち1台を20日間の運行停止行政処分を受けたばかり。事故を起こした日の運行経路などについては調査中のようです。

また今回事故を起こしたバス運行会社「イーエスピー(esp)」は警備業や中古車販売を行う「イーグル」のグループ会社だと言われています。

※1/15 17時追記:「キースツアー」の福田万吉代表はバスの乗務員が事前の行程表と異なるルートで走行していたと発表。

※1/15 15時追記:格安バス旅行会社「キースツアー」前でキースツアー代表が会見を行い、「乗客の多くは18歳~20歳前半」と発表。運行状況に問題はなかったと言い、15日夜原宿出発の同様のツアーも予定通り運行するようです。

長野県軽井沢:事故を起こしたイーエスピーの事故現場画像
【ツアー会社「乗務員が行程表と異なるルート走行」】
スキーツアーを企画した東京・渋谷区の「キースツアー」の福田万吉代表は、事故を起こしたバスの乗務員が事前の行程表とは異なるルートを走っていたことを明らかにしました。
長野県軽井沢町でスキー客を乗せたバスが道路から転落し、バスに乗っていた41人のうち乗客12人と乗員2人の合わせて14人の死亡が確認されました。最新のニュースを動画でコンパクトに伝えます。
国交省 バス会社特別監査へ】国土交通省は15日正午から、バスを運行していた東京・羽村市の「イーエスピー」に、特別監査を行うことを決めました。バスの運行管理や運転手の健康管理などに問題がなかったか確認することにしています。
バスを運行していた会社は13日、運転手の健康状態を把握していなかったなどとして、所有するバスのうち1台について運行停止の行政処分を受けていました。
 長野県軽井沢町の国道18号で15日未明に発生したバス転落事故で、東京労働局は同日、労働関係法令違反の有無を調べるため、青梅労働基準監督署が事故を起こしたバス事業者「イーエスピー」(東京都羽村市)に、渋谷労働基準監督署が旅行会社「キースツアー」(東京都渋谷区)に、それぞれ立ち入り調査を行った。

 イーエスピー社については、運転手の勤務状況を示す運転日報や運転実績表などを確認し、時間外労働の状況など労働基準法に違反する部分がないか調べる。

 今後、関係者への聞き取りも行い、労使協定で定めた時間外労働の上限を超えて働かせていた場合、会社に対する是正勧告や捜査当局への書類送検などを行うものとみられる。

 キースツアー社に対しては、バス事業者への発注状況を確認する。

 15日午前2時ごろ、長野県軽井沢町のバイパスでスキー客を乗せたバスが道路から転落し、警察によりますと、バスに乗っていた41人のうち乗客12人と乗員2人の合わせて14人の死亡が確認されました。

 このほか27人が病院に搬送されて手当てを受けていて、この中には意識がない人もいるということです。警察は15日にも過失運転致死傷の疑いで東京のバス運行会社を捜索する方針です。

 15日午前2時ごろ、長野県軽井沢町の国道18号の碓氷バイパスで、スキーツアー客を乗せて群馬方面から長野方面に向かっていたバスが、反対車線に出てガードレールを乗り越え、道路の下に転落しました。

 このバスには乗客39人と乗員2人の合わせて41人が乗っていて、警察によりますと、乗客12人と運転手ら乗員2人の合わせて14人の死亡が確認されました。

 道路を管理する高崎河川国道事務所によりますと、碓氷バイパスのおよそ16キロの区間には合わせて45か所のカーブがあり、事故が起きたのは群馬県側から数えて43か所目のカーブだったということです。現場のカーブはゆるやかで、当時、路面は凍結などはしていませんでした。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 25年前ここから車買ってひどい目にあった。整備してからの納車なのに、ブレーキは振動でるし、
    エンジンオイルは、○○○のいいものに交換します…なんて言いながら、何にもしていない、真っ黒け。
    電話で文句言ったら、「すいません」だって。認めてましたよ。確信犯だった。いまだに営業して
    たんだな。

  2. この会社をやらせている方々は雲隠れしているのかな?明らかに無関係ではないはず…。
    利益は得るのに、このような事故を起こしても知らんぷりか…。
    大企業じゃあるまいし、親会社の敷地内にバス並べてんなら、出てきて謝罪するのが道理だと思いますよ!

  3. By ちょいと地元っ子

    親会社のイーグルって車屋は、昔は暴走族仕様の車を、超違法改造のまま平然と売っていた車屋で、
    そこで違法改造車を買った友人は、車検で50万を請求され、怒って内訳を聞いたら、
    一旦フルノーマルに戻して(サスペンションやマフラー他保安部品の交換等)車検をとり、
    それから再び改造仕様に戻すので、50万では安いぐらいだなどと店側は言っていたが、
    実際は改造仕様のママ、自社工場で車検を違法に通していた、なんてのは、朝飯前の会社でした。

    そんな会社のグループ企業って・・・・・・法令順守精神があるとは到底僕は思えませんがね。

    現在のイーグルさんは、地元の公立学校が職業体験で訪れるような地域の優良企業?のようですが、
    どうですかねぇ・・・組織ってそんなに変われるもんですかねぇ・・・。

    痛ましい事故を減らすために、業界,会社,運転手そして利用者はどうあるべきでしょうか。

  4. By 西多摩ボーイ

    この会社を実際に回してたのは、元エーアイ観光の新井氏です。この新井氏が前からの経験でこのバス事業に乗り込んできたと見受けられます。前の会社を潰しておきながら…今回の様なずさんな運行管理をするとは・・・同情の余地ゼロですね。今行っている特定の会社を送迎している仕事も早く撤退したほうがいいと思うが・・・こんな会社が運行しているなんてありえない事です

  5. By 創価学会  信州中野平和会館   池田の舎弟

    イーグルって、いろんな地方で店出してる中古車屋かいな。  詐欺っぽいよな。。
    俺の連れも、年式偽造の車 掴まされたで!!  ヤクザが経営してるんちゃうか!!
    半分 シャブで溶けた様な運転手のせいで、これからの、若い命を潰しやがって・・・
    どうするんかいな!!

  6. イーグルも最初は事故車ばっか売ってた詐欺会社だしな

    • By ㈱イーグル と 担当 山本部長の 被害者のものです

      昔 イーグルで車を購入したことがありましたが 保証人の承諾なしに印鑑押され 裁判沙汰になりましたよ その時の 担当者が テレビに映っていた 山本ですよ。
      会社ぐるみで嘘でたらめ ばかり言っていました。 裁判はこちらが勝ちましたが この山本はでたらめな方でした。当時から 会社ぐるみで詐欺していましたから。
      ドライバーが 会社の指示が無いので 勝手なルート変更をしませんよ。
      利用者から パンフレットと違うルートを良く走っていたと書き込みがありました。会社ぐるみだと思いますよ。 

Return Top