林檎舎ニュース

投稿日:2016/07/03

奈良県東吉野村の川で弟が投げた銛(もり)が兄に刺さる死亡事故が発生、中学2年の弟は同日夜に釈放

奈良県東吉野村の川で弟が投げた銛(もり)が兄に刺さる死亡事故が発生、中学2年の弟は同日夜に釈放

7月2日午後3時すぎ、奈良県東吉野村の川で川遊びをしていた中学3年生の兄の頭に鉄製の銛(もり)が刺さって緊急搬送されたが、約5時間後に死亡する事故が発生しました。警察は銛を投げた中学2年生の弟を傷害容疑で現行犯逮捕したが、同日夜に釈放されたと報じられた。

2日午後3時50分ごろ、奈良県東吉野村の川で、「男子中学生の頭に銛(もり)が刺さった」と通報があり、警察が駆けつけた。中学2年生の弟が投げたもりが中学3年生の兄の頭に刺さり、兄は病院へ搬送後、約5時間後に死亡する事故が起きた。

兄弟は母親と友人3人と川遊びに訪れ、手作りの長さ2メートル程のもりを使って、魚取りなどをしていたという。発表では、もりの先端部(約10センチ)は鉄製で、二股に分かれたものだと明らかになっている。

弟は、「友達にもりを貸してと言われ、投げたら当たってしまった」と話していて、警察は弟を傷害の疑いで現行犯逮捕したが、2日夜釈放している。

当時、現場の川には、兄弟とその母親のほか、友人の中学生2人の計5人がいたという。


事件へのコメント・反応

逮捕したのは、故意の可能性も排除できないという事でしょう。
教育がー!とか体罰がー!とか言う前に
まず基本的な「とがったものの手渡し方」を教えるべきだったな。
投げた方が早く渡せると軽い気持ちだったのだろうが…こういうものは、手渡しが原則でしょう。
使い方によっては凶器にもなりえる物を投げてはダメ。こうしたら、こうなるかもしれないという判断力の欠如でしょうね…。
亡くなった兄は可哀想。弟も取り返しのつかないことをして、一生背負わなければならない。法的に償った後の周囲の態度が弟の今後を左右する。本人だけでは立ち直れない。
事故って一瞬の隙に起こるんだよね。悔やんでも悔やみきれない。弟さんもかわいそうです
もりを投げて貸そうとした…ありえない。
お兄さんに当たってなかったとしたら借りようとしてた友達が被害にあってたかもね。
投げて渡すとは恐ろしい。正しく投げても、もしかしたら渡す相手に怪我をさせるかもしれない。
投げて渡すとかあり得ないですね、両親はちゃんと見ていたのでしょうか?
弟のこれからが心配ですね
どうするのでしょう・・・・
起こってしまった事はどうしようもないが教育不足というか現代の環境が悪いというか。
いろいろと悲しい
痛ましいが、刃物を人に渡す時は刃を自分に向けるという幼稚園で習うレベルの常識が身に付いていれば、もりを投げて渡すなど有り得ない。
刃物は便利だけど凶器にもなる、教育って大事だな・・・。
川遊びで銛なんか使わせる親も大概おかしいと思うが。
・・・
私はこのような事故は誰にでも起こるものだと思います。
危険なことを何もしないで生きてきたとは私は思いません
これは不幸な事故です。
ネット上では“もり”を投げてしまった中学2年生の弟に対して様々な意見が寄せられています。弟は傷害容疑で逮捕されたものの、2日夜に釈放されています。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top