林檎舎ニュース

投稿日:2016/09/06

破砕機から行方不明の作業員の遺体発見:奈良市南庄「I・T・O南庄リサイクル工場」で死亡事故

破砕機から行方不明の作業員の遺体発見:奈良市南庄「I・T・O南庄リサイクル工場」で死亡事故

奈良県奈良市南庄町の「I・T・O南庄リサイクル工場」で9月5日、男性作業員が行方不明になり、作業に使用していた破砕機から破砕した木片の中から遺体の一部(骨やヘルメットの破片)が発見されました。死亡事故とみられています。

5日午後5時頃、奈良市南庄町の木材リサイクル工場から「従業員が破砕機に巻き込まれた可能性がある」と110番通報があり、奈良県警奈良署員らが現場に駆け付け捜索を行っていたところ、破砕木片の中から遺体の一部などを発見。同署は連絡が取れない行方不明になっている男性作業員(45)とみて詳しく調べているとのことです。

発表された内容では、破砕機に巻き込まれたとみられる男性作業員は朝から作業員計4人で燃料用の木材チップを製造する作業を行っており、男性らはベルトコンベヤー上の石などを取り除く作業をしていた。作業が終わった午後4時半ごろ、別の作業員が男性がいないことに気づき、約15分後にベルトコンベヤーを停止し警察に通報したという。

「ITO」では、南庄工場で先月8日にもショベルカーとトラックに挟まれて死亡する死亡事故が起きているほか、吉野工場でもベルトコンベヤーに挟まれて死亡する事故がおきており、8月と9月で合計3件目の死亡事故発生となった。尚、南庄工場では約5年前にもベルトコンベヤーに巻き込まれて死亡する事故が発生しており、運営会社「ITO」を書類送検しているという。

破砕機とは、粉砕機との違いは?

破砕機(はさいき)とは、廃棄物・砕石などを破砕する大型機械( クラッシャー )。岩石など固体を目的の大きさまで細分化する場合、それを破砕・粉砕する目的で使用される。

粉砕機との違いは粉砕を行うための機械のこと。分野によっては「製粉機」とも言う。
固体の物質を小片に粉砕するための単位操作を行う。多くの種類の粉砕機があり、粉砕されるものにもまた多くの種類がある。

「I・T・O南庄リサイクル工場」では先月も死亡事故が発生

このリサイクル工場では、先月8月にも作業中の男性作業員(56)がショベルカーとトラックに挟まれて死亡する事故が起きているほか、系列工場の「I・T・O吉野工場」(奈良県大淀町)でも男性作業員当時(67)がベルトコンベヤーに挟まれて死亡しています。

また、約5年前の平成23年4月にも男性従業員が、5日に事故の起きた南庄工場でベルトコンベヤーに巻き込まれて死亡しており、奈良労働基準監督署が労働安全衛生法違反容疑で運営会社「I・T・O」(奈良市)を奈良地検に書類送検している過去があります。

奈良署は安全管理に問題がなかったかなどについて、詳しく調べる方針。

奈良市南庄町「I・T・O南小リサイクル工場」過去の事故

死亡事故多発のリサイクル工場…ツイッターの反応は

2016年9月・8月に立て続けに死亡事故が発生し、5年前にも死亡事故が起きている「ITO」。破砕機に巻き込まれた死亡事故はツイッターでも話題にあがっており、相次ぐ死亡事故を不審に思う意見が多く投稿されています。


事故発生現場

死亡事故の起きた「I・T・O南庄リサイクル工場」の所在地は奈良県奈良市南庄町136。この場所が本社工場のようです。また、系列の「I・T・O吉野工場」の所在地は吉野郡大淀町馬佐383-3番地。


関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top