林檎舎ニュース

投稿日:2016/06/08

113番目の新元素名「ニホニウム」(Nh)で確定の見通し「ジャポニウム」「ニッポニウム」が選べない理由とは

113番目の新元素名「ニホニウム」(Nh)で確定の見通し「ジャポニウム」「ニッポニウム」が選べない理由とは

理化学研究所のチームが発見し、日本で初めて命名権を獲得した原子番号113番の新元素の名称案は「ニホニウム」元素記号案は「Nh」で確定したことが6月8日、明らかになりました。国際純正・応用化学連合が既に内部審査で承認しており、日本時間8日午後10時半にホームページで公表する見通しです。

新元素発見後、5カ月の間に一般からの意見公募を開始。目立った反対意見がなければこのまま年内にも決定し、アジアで初めて発見された元素として周期表に記載される。

名称案はチームを統括した森田浩介グループディレクターが決定し同連合に提案。森田氏は「日本で発見されたことが分かる名前にしたい」と話してきた。自国語の国名にちなむ名称が最もふさわしいと判断したとみられる。

当初案としてあがっていた「ジャポニウム」「ニッポニウム」は選べない理由があり、選択されませんでした。

【113番元素の名前 「ニホニウム」に決定】
日本の理化学研究所のグループが発見し、日本に初めて命名権が与えられた「113番元素」について、化学に関する国際機関が、日本の提案に基づいて「ニホニウム」という名前の案を決めたことが分かりました。
国際機関は、日本時間の8日午後10時半に発表する予定です。

当初案の「ジャポニウム」「ニッポニウム」を選ばなかった理由は?

当初は学術用語として多用されるラテン語やフランス語に由来する「ジャポニウム」の名称案も検討したが、日本人への蔑称である「ジャップ」を想起させるとの批判的な意見が一部であり採用せず、「過去に使用した元素名は使えない規則」があるため、元東北大総長の小川正孝博士が明治41年に新元素として命名し、後に別の元素と判明し周期表から削除された「ニッポニウム」は選べなかったことから、今回発表される「ニホニウム」に決定した経緯があります。
「日本」「ジャパン」を新元素名に取り入れたかったようですが、「ジャポニウム」は日本人蔑称のジャップを連想させるため却下され、「ニッポニウム」は過去に命名されているので使用できず。今回の発表の「ニホニウム」で確定となりました。

113番目の新元素名「ニホニウム」で確定、ネットでの反応は

ニホニウム発音しにくい
ジャポニウムだと外国人に「ぜったい日本人が見つけたじゃん自己主張つよ!」って思われそうだからニホニウムくらいがよいのかね。
ニホニウムをミホニウムと空目するガルパンおじさんすき
113番元素ニホニウムとかダサくね
ジャポニウムとか他に良いの無かったっけか
ニホニウムって聞いてニャホニャホタマクロー思い浮かんだ人絶対いる
日本の理研の研究チームが発見し命名権が与えられた、原子番号113(仮名称ウンウントリウム)の元素の正式名称がニホニウムになりそうらしい。ジャポニウムの方が、元素記号に初めてJが付くし、語感もいいと思ったんだけども、ともかくめでたいニュースには違いない。
ネットではニホニウムと命名したことに「ダサい」といった声も聞かれ、候補にあがっていた「ジャポニウム」の方が良かったという意見が多くあがっています。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top