林檎舎ニュース

投稿日:2016/07/06

野々村竜太郎被告に懲役3年、執行猶予付きの有罪判決:判決前にはブログで謝罪

野々村竜太郎被告に懲役3年、執行猶予付きの有罪判決:判決前にはブログで謝罪

7月6日午後、政務活動費をだまし取った罪などに問われた兵庫県議会の元議員・野々村竜太郎被告に、神戸地方裁判所は懲役3年執行猶予4年の有罪判決を言い渡しました。

兵庫県議会の議員だった野々村竜太郎被告(49)はおととし7月までの3年間に兵庫県の城崎温泉や東京などに344回にわたって日帰り出張をしたとするうその報告などで政務活動費910万円余りをだまし取ったとして、詐欺などの罪で在宅起訴されました。

6日未明には自身が公開するブログ(野々村竜太郎公式ブログ)に「報道機関各位」というタイトルで「裁判所出頭等妨害自粛等のお願い」といった記事を投稿し、「取材等は既に固くお断わり申し上げております」などとした上で、「コメントや会見は一切致しません」としている。

続いて、同日正午には「県民の皆様」といった謝罪文を投稿しています。

カラ出張の繰り返しなどで政務活動費913万円をだまし取ったとして、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われた元兵庫県議、野々村竜太郎被告(49)に対し、神戸地裁(佐茂剛裁判長)は6日、懲役3年、執行猶予4年(求刑・懲役3年)の判決を言い渡した。

野々村被告は在職中の2014年7月、泣き叫びながら政活費の不正支出を否定した「号泣会見」で物議を醸し、同月に議員辞職した。受け取った政活費は全額返還したが、兵庫県警は詐欺容疑などで野々村被告を書類送検し、神戸地検は15年8月、「同種事案の再発防止という観点も重視した」として、異例の在宅起訴に踏み切っていた。

神戸地方裁判所は初公判のあと、およそ1か月間、元議員を拘置所に勾留する異例の措置をとり、その後の裁判で検察は「私腹を肥やす意図で行われた犯行で、反省の態度は全く見られない」として懲役3年を求刑していました。
6日の判決で、佐茂剛裁判長は野々村元議員に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を言い渡しました。


野々村元議員に有罪判決、ネットでの声

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top