林檎舎ニュース

投稿日:2016/01/22(最終更新:2016/07/06)

野々村竜太郎被告 神戸地裁が強制出廷の勾引状を発付:1度の公判欠席では異例の対応

野々村竜太郎被告 神戸地裁が強制出廷の勾引状を発付:1度の公判欠席では異例の対応

政務活動費をだまし取ったとして詐欺罪などに問われている元兵庫県議・野々村竜太郎被告が昨年(2015年)11月の初公判を欠席し世間を騒がせましたが、神戸地裁が強制的に出廷させる「勾引状」を発付したことがわかりました。

2016年1月26日に延期された初公判も野々村被告が欠席する恐れがあると判断されたようで、出廷しない場合は神戸地検などが身柄を確保することになるそう。勾引状が1度の不出廷で発付されるのは異例の対応ということもあり、ネット上でも大きな注目を集めています。

野々村竜太郎:強制出廷へ
野々村竜太郎の号泣会見の文章
1度の欠席で勾引状が出されるのは異例…“号泣”元県議・野々村被告、強制出廷へ 神戸地裁が異例の勾引状、26日初公判
野々村号泣議員の強制出廷で賑わってるようだから、会見ってどんなだったかなーと音声を書き起こしした記事を読んでたんだけど…そういう問題ッヒョオッホーーー!!でもうだめだった。
 政務活動費(政活費)をだまし取ったとして詐欺罪などに問われ、昨年11月の初公判を欠席した元兵庫県議・野々村竜太郎被告(49)について、神戸地裁が強制的に出廷させる勾引状を発付したことがわかった。

 今月26日に延期された初公判も欠席する恐れがあると判断したとみられる。出廷しない場合、神戸地検などが身柄を確保し、地裁へ移すことになる。

 捜査関係者によると、勾引状は、不出廷を複数回繰り返したケースで出されることが多く、1回の欠席では異例という。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top