林檎舎ニュース

投稿日:2016/03/24

「巫女のくせに何だ」自民党大西英男議員の女性軽視発言でまた大炎上:マスコミを懲らしめる発言でも問題に

「巫女のくせに何だ」自民党大西英男議員の女性軽視発言でまた大炎上:マスコミを懲らしめる発言でも問題に

自民党の大西英男議員が所属する細田派の総会の場で自民党公認候補への支援を依頼した巫女さんが「自民党は好きじゃない」と語っていた話題を話し「巫女のくせに何だと思った」と女性軽視と思われる発言をしたことが一部メディアの報道で明らかになり、批難が殺到。大炎上する事態に発展しています。

大西英男議員は2015年6月にも報道機関に圧力をかけるような「マスコミを懲らしめなければいけない」といった発言をした際にも大問題となっています。

公認候補への支援を依頼した巫女が「自民党は好きじゃない」と語っていたことに「巫女のくせに何だと思った」といちゃもん。更に「巫女さんを誘って札幌の夜に説得をしようと思った」など連発。報道への圧力で有名な自民党大西英男衆議 産経ニュース
自民党の大西英男議員。「自民党は好きじゃない」と言われて「巫女のくせに何だ」という感情むき出しの幼稚な対応しかできない下劣な人間だ。これでまた「自民党は好きじゃない」若者が増えるだろう。
NHKには「孫崎を番組に出すな」
女性議員には「自分が子供を産め」
報道について「報道をこらしめる」
巫女について「巫女のくせに何だ」
と言った大西英男議員は
きっと国民に対して「庶民のくせに」と思ってる

やっぱり #自民党感じ悪いよね
その巫女と同じく #自民党は好きじゃない

大西英男ってこいつだよな。#巫女のくせに #懲らしめてやる
自民党・大西英男議員:失言で炎上中:ニュース報道 1
自民党・大西英男議員:失言で炎上中:ニュース報道 2

「巫女のくせに何だ」「札幌の夜に説得をしようと…」自民・大西氏がまた失言 「自民党は好きじゃない」と言われ…

 自民党の大西英男衆院議員は24日、所属する細田派の総会で、衆院北海道5区補欠選挙(4月24日投開票)で自民党公認候補への支援を依頼した巫女(みこ)が「自民党は好きじゃない」と語っていたことを紹介し、「巫女のくせに何だと思った」といちゃもんをつけた。さらに、「巫女さんを誘って札幌の夜に説得をしようと思った」などと際どい発言も連発した。

 冒頭、司会でマイクを握った大西氏は、補選の応援で自身も札幌入りしたことに触れ、「私は神社関係を中心に回ったが、私の世話を焼いた巫女さんが20歳くらいだった。投票が初めてだということだから、ひとつ口説いてやろうと思った」とも述べた。

 補選での支援を求める意味だったようだが、男女間の交際ともとれる言い回しに、同僚議員からも「センスがない」とため息が漏れた。

 大西氏は昨年6月にも、報道機関への圧力ともとれる発言で党執行部から厳重注意処分を受けている。派閥会長の細田博之幹事長代行は総会のあいさつで、「ちょっとハラハラしながら(大西氏の話を)聞いていた。言動に十分に注意して、本務に精励していただきたい」とたしなめた。

【参照】ヤフーニュース

大西英男議員「巫女のくせに」発言、ネットでの反応

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. このような方が、自民党に存在するという事がいちばん国益を損なっていると思います。怒りを通り越して、情けない気持ちになります。

Return Top