林檎舎ニュース

投稿日:2016/07/11

大阪の女性教諭を分限免職処分:特別支援学校勤務時に全盲生徒に不適切な指導、改善みられず

大阪の女性教諭を分限免職処分:特別支援学校勤務時に全盲生徒に不適切な指導、改善みられず

7月11日、大阪市教育委員会は指導の適格性に問題があるとして、市立中学校の女性教諭を「分限免職処分」にしたと発表した。市教委による分限免職処分は通算で6人目となる。

この女性教諭は特別支援学校での勤務時、全盲の生徒に「時計を見なさい」と発言するなどしたとして、校長や地元などから「指導が不適切」といった訴えが出ていた。分限免職処分となった女性教諭の氏名や年齢は非公表とされている。

この女性が分限免職となった理由は、女性教諭は特別支援学校の教諭だった時、目が全く見えない全盲生徒に「時計を見なさい」と発言したり、体調を崩していた生徒に適切な措置を取らなかったりするなど、不適切な指導を繰り返していたという。

このほかにも、右手にまひがある生徒に対し、左手で急須を右手で蓋を持たせ、生徒が「こわい」「熱い」と言うのも構わずにやらせるなど、体罰にも近いことをしていたと明らかになっている。

市教育委員会は女性を昨年2015年6月に「指導が不適切な教員」と認定。同年7月からこれまで授業力向上などのための研修を受けさせたものの、女性は「自分には課題はない」「課題が改善していないと言われる理由が理解できない」などと述べ改善がみられなかったという。

元特別支援学校勤務の中学教諭は人数が限られるとの理由で、女性教諭の氏名や年齢などを非公表としていますが、ネット上では非難の声が殺到しています。


分限処分とは

分限処分(ぶんげんしょぶん)とは、一般職の公務員で勤務実績が良くない場合や、心身の故障のためにその職務の遂行に支障があり又はこれに堪えない場合などその職に必要な適格性を欠く場合、職の廃止などにより公務の効率性を保つことを目的としてその職員の意に反して行われる処分のこと。

分限とは「身分保障の限界」という意味であり、処分は公務の効率性を保つために行なわれる。そのため、職場内の綱紀粛正を目的とした懲戒処分とは異なり懲罰的な意味合いは含まれておらず、免職となった場合でも退職手当(退職金)が支給される。つまり“あなたは公務員(またはこの職種)には向いていないのではないか、あなたのためにも民間(他所)に移った方がいい”という意味の処分。

現在、実際に行われる分限処分は、疾病による休職と免職がある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E9%99%90%E5%87%A6%E5%88%86

「女性教諭が分限免職」ツイッターでは非難の声が殺到

分限免職では退職金が払われることなどが明らかになっており、ツイッター上にはこの女性教諭を批難する声が殺到しています。他にも実名や年齢を非公開としたことで、更なる非難を集めています。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 大阪府立大阪北視覚支援学校っぽい。

Return Top