林檎舎ニュース

投稿日:2016/02/25(最終更新:2016/08/12)

大阪梅田のプリウス暴走事故:運転手の大橋篤さん 運転中に心臓疾患発症で意識失ったか

大阪梅田のプリウス暴走事故:運転手の大橋篤さん 運転中に心臓疾患発症で意識失ったか

2月25日の午後0時半すぎに大阪・阪急梅田駅前のスクランブル交差点で、奈良県学園大和町の会社経営・大橋篤さんが運転する自動車(プリウス)が暴走し歩行者をはねた事件で、運転中の大橋さんが心臓近くの血管が破裂し意識を失っていたことが事故原因だと明らかになりました。

ネット上では大橋篤さんのSNSが判明しており、25日にもツイッター上でツイートしていたことが分かっています。

大阪梅田のプリウス暴走事故:運転手の大橋篤さん 1
大阪梅田のプリウス暴走事故:運転手の大橋篤さん 2
大阪梅田のプリウス暴走事故:運転手の大橋篤さん 3
大阪梅田のプリウス暴走事故:運転手の大橋篤さん 4
大阪梅田のプリウス暴走事故:事故車両のプリウス
【梅田で事故 8人負傷2人重体】JR大阪駅近くで車が歩道に突っ込み少なくとも10人が負傷。そのうち、車を運転していた男性を含め2人が意識不明の重体。
暴走で死傷者を出した車の運転者大橋篤さんのツイッター。ラグビーを愛し、好物は麺類、ドライブ好きなどの横顔も。現場前を何度も通ったが本当に痛ましい。大橋さんや巻き込まれた方々のご冥福をお祈りする。負傷された方々には心からお見舞いを申上。
【大阪・梅田暴走事故】歩行者次々はねた黒いプリウス運転手、血管破裂で意識失ったか

大橋篤(51)ツイッター@a240084

SNSを特定 亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します

大阪繁華街で次々に『車が突っ込む』
2人死亡1人重体
乗用車を運転してていたのは
奈良 会社経営 大橋篤(51)
 25日午後0時半すぎ、大阪の阪急梅田駅前のスクランブル交差点で、乗用車が横断歩道を渡っていた歩行者を次々にはねたあと歩道に乗り上げ、さらに歩行者をはねました。
この事故で、歩行者の50代の男性と乗用車を運転していた51歳の男性が死亡し、歩行者の28歳の女性が意識不明の重体となっています。また8人が重軽傷を負いました。

 警察によりますと、死亡した乗用車の運転手は、奈良市学園大和町の会社経営、大橋篤さん(51)と確認されました。

 警察が遺体などを調べたところ、運転中に心臓の近くの血管が破裂する突発性の病気を発症して意識を失っていた可能性があることが、捜査関係者への取材で分かりました。
警察は、正常な運転ができない状態で、スピードを落とさないまま赤信号の交差点に進入したとみて、健康状態や医療機関の受診状況を調べるとともに、司法解剖して詳しい死因を特定することにしています。

【参照】NHKニュースウェブ

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 近所の50代の人も、朝起きてこないと思ったら既に心筋梗塞で亡くなってたんだって(奥さん談)
    その人は毎朝仕事前にジョギングし酒も煙草もしない健康な人
    マラソンが心臓に負担かけてるのかも…

Return Top