林檎舎ニュース

投稿日:2016/07/25

ポケモンGOプレイ中の事故が相次ぐ:大津市では車3台の玉突き事故、交通違反の報告も全国から

ポケモンGOプレイ中の事故が相次ぐ:大津市では車3台の玉突き事故、交通違反の報告も全国から

先週金曜日に配信されブームとなっている「ポケモンGO」が原因の交通事故や交通違反の報告が相次いでいる。
7月25日午前7時半ごろ、滋賀県大津市浜町の県道で乗用車3台が次々に衝突する玉突き事故が発生し、最初に衝突した車を運転していた21歳の会社員が「運転中にポケモンGOをやっていた」「ポケモン探しに夢中になってしまった」と話しています。
この事故では、警察が過失運転傷害の疑いもあるとみて、詳しい状況を調べています。

この他にも全国からポケモンGOプレイ中の事故が相次いでおり、23日には栃木県真岡市で20歳の女子短大生が運転する車が追突事故を起こし、24日には栃木・壬生町で自転車に乗りながらスマホを操作していた45歳の女性が転倒し、軽いけがを負っている。

東京都内でも同様の報告が相次いでおり、東京練馬区では22日、ポケモンGOを操作しながら自転車を運転していた10代の男性が赤信号を無視し、50代女性の乗る自転車と接触している。また、都内では5人が道路交通法違反で検挙されている。

「ポケモンGO」全国で事故多発

滋賀県大津市で車3台が絡む玉突き事故、原因は「ポケモンGO」

7月25日午前7時半ごろ、大津市浜町の県道で乗用車3台が絡む玉突き事故が発生し、1人がケガをしました。

警察によると、この事故で2台目の車を運転していた男性(29)が首の痛みを訴え、病院で手当てを受けている。最初に追突した車を運転していた大津市に住む会社員の男性(21)は警察の調べに対し「運転しながらスマホ操作をしていた」「ポケモンGOをやっていた」と話しているほか、「ポケモン探すのに夢中になっていた」「前の車が止まっているのに気づかず衝突してしまった」などと話しているという。

警察は過失運転傷害の疑いもあるとみて、詳しい状況を調べています。

ポケモンGOに夢中で高速道路へ…男性が東海北陸自動車道へ侵入

「ポケモンGO」プレイ中に高速道路に侵入
7月24日午後8時半すぎ、岐阜県美濃市「東海北陸自動車道」上り線の古城山パーキングエリア付近で、「高速道路上を人が歩いている」と通りかかった車の人から警察に通報があった。

警察官が駆けつけたところ、通報があった場所から南におよそ2キロのトンネルを抜けた高速道路の路肩を24歳のブラジル人の男性が歩いているのが見つかり、保護した。警察によると、男性は24日、近くの河原に家族や知り合いとバーベキューに来て、スマートフォンでポケモンGOをしていたところほかの人と離れて道に迷い、高速道路に入り込んだと話しているということです。男性は来日してから3か月ほどで岐阜県可児市に住んでいて、警察から厳重な注意を受けたあと家族に引き渡されたということです。


「当たり屋被害」が増えるとの声、注意喚起が拡散される

「ポケモンGO」で当たり屋に注意喚起1
「ポケモンGO」で当たり屋に注意喚起2
「ポケモンGO」で当たり屋に注意喚起3

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ポケモンGOは歩きスマホ促進、事故誘発アプリ。

    邪魔な奴はクラクション鳴らして撃退やな

Return Top