林檎舎ニュース

投稿日:2016/08/01

内村航平「ポケモンGO」で通信費50万円…リオ五輪でブラジル入り後のプレイで多額の通信料:白井健三「表情死んでた」

内村航平「ポケモンGO」で通信費50万円…リオ五輪でブラジル入り後のプレイで多額の通信料:白井健三「表情死んでた」

体操男子でリオデジャネイロオリンピック(リオ五輪)メダル候補の内村航平さんが、ブラジル入りした直後に「ポケモンGO」をダウンロード・プレイしたことで、通信費50万円を請求されたエピソードが話題を呼んでいる。事前合宿地の・サンパウロで通信料を確認したところ、まさかの50万円の表示。

近くにいた同じく体操の白井健三さんは「あの日の食事会場での航平さん、表情が死んでいました」と話している。

最近ではあまり聞かなくなった「パケ死」という言葉が当てはまる今回の高額通信料。思い返すと、ブラジル入り後に「ポケモンGO」のアプリをダウンロード。現地で未対応なことを知らずに使い続けたうえ、データ通信の設定を誤り、定額制プランから外れていたという。

リオ入り後に携帯会社に電話して事情を説明すると、同様のケースにならって1日約3千円の定額料金に収める救済措置を取ってくれたという。

海外で「パケ死」の体操・内村航平さんのニュースがネットで話題

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top