林檎舎ニュース

投稿日:2016/07/31

「ポケモンGO」アップデートでデータが初期化されるなどの不具合まとめ:バッテリーセーバーや足跡バグは削除で対応

「ポケモンGO」アップデートでデータが初期化されるなどの不具合まとめ:バッテリーセーバーや足跡バグは削除で対応

ポケモンGOのアップデートが配信されました。これは7月31日午前、アプリリリースから初となるアップデート配信で、バグ・不具合の修正や新機能の実装が行われました。
アップデートの内容は以下の通り。

ポケモンGO アップデートまとめ
・トレーナーアバターの編集が可能
・ダメージ調整
・ジムのアニメーション調整
・メモリー問題の改善
・近くのポケモンの足あと削除
・エンカウントのバグを修正
・ポケモンの詳細画面を更新
・メダルの画像を更新
・マップ表示の不具合修正
・一部テキスト修正

今回のアップデートでは、探検画面の地図表示がおかしかったバグが修正されたほか、プレイヤーの性別や外見(アバター)編集が可能になり、ジムでのバトル時のダメージ調整などが入っています。

また、フリーズする不具合が報告されていた「バッテリーセーバー機能」はiOS版アプリでは削除され、画面右下のポケモンの足跡に関しても修正が間に合わなかったようで、同様に削除対応となりました。

今後のアップデートで再実装を望む声が相次いでいます。

アップデート直後にデータが初期化される不具合なども発生しましたが、対応方法が公開されています。

「ポケモンGO」アップデートの不具合まとめ

7月31日のアップデートでの主な変更点ですが、以前から不具合が指摘されており、復帰時にフリーズすることが報告されていた「バッテリーセーバー」機能と、ポケモンに近付いても足跡が減らない「ポケモンの足跡バグ」が共に削除されています。(バッテリーセーバーはiOS版のみ)今後の改善を望む声が多く投稿されています。
ポケモンGOのアップデートでの不具合まとめ1
ポケモンGOのアップデートでの不具合まとめ2
ポケモンGOのアップデートでの不具合まとめ3
最も多かったのが、ポケモンGOをアップデートした後にアプリを立ち上げると、ゲームが最初からになってしまうというもの。
一見するとデータが初期化されたように見えますが、最初に登録したGoogleアカウント(グーグルアカウント)でログインし直せば、元のゲームデータで再開可能です。再ログインの方法は「設定→サインアウト→ログイン」の順。

iOS版のバッテリーセーバー削除には不満の声も

「ポケモンGO」アップデートでiOS版アプリからバッテリーセーバー機能が削除されたことに対し、正常に機能していた人からは不満の声も聞かれます。電池消費が激しいだけあり、今後のアップデートでバッテリーセーバー機能の再実装が望まれます。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top