林檎舎ニュース

投稿日:2015/12/08

パズル雑誌でプレゼント賞品を送っていなかったことが判明:クロスワードパクロスやナンプレを発行するアイア株式会社

パズル雑誌でプレゼント賞品を送っていなかったことが判明:クロスワードパクロスやナンプレを発行するアイア株式会社

パズル雑誌「クロスワードパクロス」「ナンプレマガジン」などを発行していたアイア株式会社が懸賞企画のプレゼント賞品を約半数の人に送っていなかったと報じられ、ネット上では怒りの声が相次いでいます。

この手のパズル雑誌は中のパズル(クイズ)に回答し、正解者の中から抽選で希望の賞品が当たるというもの。賞品を送っていなかったアイア株式会社は「予算が足りなかったため」とコメントしていますが、このような報道が出てしまった以上、雑誌の売上部数に大きく影響すると思われます。

パズル雑誌のプレゼント 当選者水増し掲載
パズル雑誌“懸賞企画”約半数に賞品送らず

クロスワードなどの懸賞付きパズル雑誌で、1万人以上が当選するとうたいながら、その半数に賞品を送っていなかったとして、消費者庁は8日、出版元の会社に再発防止を命じた。

消費者庁によると、問題とされたのはアパレル・出版事業会社「アイア株式会社」が去年、出版した「クロスワードパクロス」などパズル雑誌8種類41冊。これらの雑誌では、懸賞企画で計約1万2000人が当選すると表示しながら、その半分の約6300人にしか賞品を発送していなかった。

消費者庁はこうした実態が景品表示法違反にあたるとして、8日、会社側に再発防止などを求める措置命令を出した。

賞品を送らなかったアイア株式会社は、「予算が足りなかったため」と説明しているという。問題のパズル雑誌は年間計189万部を売り上げていた。

【参照】日テレNEWS24

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top