林檎舎ニュース

投稿日:2016/02/05

桜島噴火の動画に映った「火山雷」が話題に:噴火後に噴火警戒レベルを3に引き上げ

桜島噴火の動画に映った「火山雷」が話題に:噴火後に噴火警戒レベルを3に引き上げ

2月5日午後6時56分ごろ、鹿児島県鹿児島市「桜島」で噴火が発生し、噴火速報も発表されました。今回の噴火をうけ、噴火警戒レベル3(入山規制)まで引き上げられました。
噴火の詳細は既に報道されていますが、桜島の昭和火口から大きな噴石が最大で1800メートルほど飛んでおり、噴煙も2200メートルの高さまで上がりました。

噴火の瞬間が繰り返し報道されており、映像には「火山雷」が鮮明に映っており話題に。火山雷は粉塵などの摩擦で噴火時に発生する雷のことです。

桜島噴火:火山雷の様子 1
桜島噴火:火山雷の様子 2
桜島噴火:火山雷の様子 3
【噴火速報】5日18時56分頃、桜島で噴火が発生しました。周辺にいる方は、ただちに身を守る行動をとってください。
【桜島噴火 気象庁が会見へ】
桜島が噴火し、噴火警戒レベルがレベル3に引き上げられたことを受けて、気象庁は午後8時半から記者会見を開き、今回の噴火の状況や今後の注意点について説明することにしています。
【噴火警報・予報 桜島 噴火警報(火口周辺) 2016年02月05日 19:15】
<桜島に火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)を発表>
 昭和火口及び南岳山頂火口から概ね2kmの範囲で大きな噴石及び火砕流
に警戒してください。
<噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引上げ>。
桜島が噴火しているらしい

噴煙の隙間から稲光も見えているとのことだが、これは「火山雷」と呼ばれる現象で、火山灰や水蒸気の摩擦によって発生するもの
雲から発生するよりも強い電流が流れると言われている
(1枚目が今回の噴火)

桜島近隣の方には申し訳ありませんが、火山雷って、こんなに綺麗なんですね。。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top