林檎舎ニュース

投稿日:2015/12/10(最終更新:2016/06/10)

1915年「三毛別羆事件」発生から100年:12月12日のフジテレビ特番「世紀の大事件3」で再現放送

1915年「三毛別羆事件」発生から100年:12月12日のフジテレビ特番「世紀の大事件3」で再現放送

1915年12月9日に発生した「三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)」から100年の時が経ちました。北海道苫前郡苫前村北海道三毛別(当時地名)にて発生したクマの獣害としては歴史的な被害を出した事件として、100年経った今でもウィキペディアなどで語り継がれていますが、12月12日(土)19時からフジテレビで特番放送される「激動!世紀の大事件III」の番組内で特集・放送される模様。

このテレビシリーズでは事件毎に再現放送されますが、今回の「三毛別羆事件」は100年前の事件ですがどのように再現されるのかにも注目が集まっているようです。

1915年「三毛別羆事件」から100年:フジテレビで特番放送 1
日本史上最悪の悲劇となってしまった三毛別羆事件から今日でちょうど100年。
苫前町の山奥にその復元地があります。
1915年「三毛別羆事件」から100年:フジテレビで特番放送 2
1915年の今日12月9日(~14日)、北海道の苫前村三毛別(さんけべつ)で、ヒグマが数度にわたり民家を襲い、7名(+胎児1名)死亡、3名重傷という、記録的な被害の事件が起った(三毛別羆事件)。討伐隊により熊が射殺されて事件は終息

報道スクープSP 激動!世紀の大事件III~未解決事件の「謎」と目撃者の「新証言」~

次回 | 12月12日(土) 19:00~23:10 放送

『激動!世紀の大事件』の第3弾では、日本を震撼させた数々の重大事件から、記憶に強く残る事件・事故を厳選。フジテレビ報道局秘蔵の事件映像を使いつつ、新たな取材を敢行し、“誰もが知る大事件の誰も知らなかった新事実”を発掘してゆく。
歴史に残る大事件の関係者たちが今だからこそ明かした新証言から、伝え残した「新事実」と、語り継ぐべき「教訓」を伝える。

【参照】フジテレビ

100年前の「三毛別羆事件」を再現・ネットでの反応は

へー、今日で100年なのか。この事件は、Wikipedia三大ドラマだから、読んでおくべき。

Wikipedia三大ドラマ
・三毛別羆事件
・八甲田雪中行軍遭難事件
・地方病 (日本住血吸虫症)

この三つは必読。

この耳環に三毛別羆事件のツイート流てきてもうダメ。結構ガチな怖さ:(;゙゚ω゚):
三毛別羆事件から丁度100年か。熊の胴体に数発程度銃弾を撃ち込んでもビクともしないらしいが、本当だろうか。
ほう、三毛別羆事件から100年、とな・・・。
あの惨劇から一世紀。警察に通告するのに数日かかった当時と違って、今だとすぐに警察に連絡がとれて猟友会が動き出すんだろうなぁ・・・。
三毛別羆事件は内容見ると身の毛もよだつのでNG
三毛別羆事件関連書籍と言えば言わずもがな『熊嵐』ですが資料として面白いのは今年復刊&文庫化した『慟哭の谷』!著者である木村盛武が当事者から収集した裏付け調査がまとめられた貴重な一冊なので本当におすすめ!皆も読んで眠れなくなりましょ!
今日って三毛別羆事件から丁度100年なのか。
三毛別羆食害事件は、矢口御大が「羆風」という漫画にしておられます。滅茶苦茶凄いです。ただ電子書籍化されておらず、古本屋やオクでも滅茶苦茶高値がついているのが難点…
.。oO(わかりづらいかもしれないので今一度、
この記事の日本最悪のヒグマ災を初めて記録した木村さんは、『慟哭の谷 戦慄のドキュメント苫前三毛別の人食い羆』著者の木村盛武さんです。
この本は札幌市図書館なら電子書籍版がすぐ読めます。
今年、三毛別羆事件から百周年なのか… Wikipediaの記事読んでるだけで寒気がしたのはこれとあと2つくらいだよ…
三毛別羆事件をテレビでやると聞いて、以前同僚にふもとに降りてきたクマを捕獲したりするのは可哀相勢がいたのだが、その人に事件の事を伝えたら「昔のクマの話でしょ、今のクマは大丈夫」とかわけのわからん持論を展開してきたのでもうコイツをクマの餌にするしかないと決意した事を思い出しました。
来週12日(土)の19時からの番組ヤバイ!津山三十人殺しに三毛別羆事件やるみたい…

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top