林檎舎ニュース

投稿日:2016/03/17

山陽自動車道八本松トンネルで多重衝突事故発生:志和IC~西条IC間で通行止め続く

山陽自動車道八本松トンネルで多重衝突事故発生:志和IC~西条IC間で通行止め続く

3月17日午前7時半頃、広島県広島市の山陽自動車道の八本松トンネル内の下り線で12台が関連する事故が発生し、5台の車が炎上し少なくとも2人が死亡し68人が病院に搬送されました。トンネル内ではトラックが車に追突したあと、乗用車が次々と衝突する多重衝突事故になったようです。

この事故の影響で、午後3時を過ぎても事故処理のため八本松トンネルが走る志和IC~西条IC間が通行止めになっているほか、上り線では広島東IC~西条IC間で通行止めが続いています。

山陽自動車道トンネル多重衝突事故:現場画像 1
山陽自動車道トンネル多重衝突事故:現場画像 2
山陽自動車道トンネル多重衝突事故:現場画像 3
山陽自動車道トンネル多重衝突事故:現場画像 4
【山陽道の多重事故 2人死亡】広島県の山陽自動車道のトンネル内で発生した多重事故で、2人の死亡確認、約70人負傷。事故の影響で上下線の一部が通行止め。
【山陽道トンネルで多重事故 2人死亡】
広島県の山陽自動車道のトンネルで起きた10台ほどの車が絡んだ事故で警察によりますとトンネル内の車中で1人の死亡が確認されたほか40代から50代とみられる女性1人が死亡したということです
山陽道の八本松トンネルで事故火災。1人死亡64人負傷(テレ朝の速報画面)
山陽道八本松トンネル下り(東広島市)の多重事故まだ通行止めにして救助活動をしている最中ですでに死者1名、64名重軽傷。事故原因は判明していない状態ですが、どうやらトンネル内で火災が発生したことが負傷者を増やす要因になっている様子。
 17日午前7時半ころ、広島県東広島市にある山陽自動車道の八本松トンネルの中の下り線で、12台の車が関係する事故が起き5台の車が炎上しました。

 警察によりますと、この事故でトンネル内の車で1人が死亡しているのが確認されたほか、40代から50代とみられる女性1人の死亡が確認されたということです。

 地元の消防などによりますと、トンネルの中から避難した人のうち、けがをしたり煙を吸って体調不良を訴えたりした子どもを含む男女68人が病院に搬送されました。

 山陽自動車道の八本松トンネルは、片側2車線の全長およそ840メートルで、事故が起きたのは、広島市方面に向かう下り車線の入り口から600メートルほど進んだ場所だということです。
警察によりますと、渋滞したトンネルの中でトラックが車に追突したあと、軽乗用車などが次々と衝突し、トラックなどが炎上したということです。事故直後はトンネルから煙があがりましたが、トンネル内で消防が消火活動にあたり、午前10時前に火は消し止められました。消防と警察はトンネル内に入って取り残された人がいないか調べています。

 西日本高速道路によりますと、トンネル内にスプリンクラーは設置されていないということで、警察が事故の原因や火が出た状況などについて調べています。

【参照】NHKニュースウェブ

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top