林檎舎ニュース

投稿日:2015/11/12

前原誠司、細野豪志、江田憲司の3議員が「民主解党」を岡田代表へ要請の動き

前原誠司、細野豪志、江田憲司の3議員が「民主解党」を岡田代表へ要請の動き

民主党の前原誠司元外相、細野豪志政調会長、維新の党の江田憲司前代表の3議員が野党再編へ向けて民主党を「解党」すべきだという結論を出し、近い内にも岡田克也民主党代表へ申し入れると報じられました。
ニュース速報が出たのが12日に日付が変わってからでしたが、ネット上では今回の「民主解党」について様々な意見が出ています。

「民主解党」岡田氏に要請へ=前原、細野、江田氏が一致
「民主解党」岡田氏に要請へ=前原、細野、江田氏が一致

民主党の前原誠司元外相と細野豪志政調会長、維新の党の江田憲司前代表が11日夜、東京都内のホテルで会談し、野党再編に向けて民主党が「解党」を決断すべきだとの認識で一致した。
自民党に対抗し得る野党勢力の結集を一気に進めるのが狙い。前原氏らは近く民主党の岡田克也代表に申し入れる見通しだ。

民主、維新両党は合流を視野に政策協議を進めているが、維新分裂の影響もあって停滞気味だ。維新の松野頼久代表は、民主、維新の双方が解党した上で合流すべきだと主張。
これに対し、岡田氏ら民主党主流派は党の再建を優先し、解党に慎重な立場を崩していない。

民主党内でも若手を中心に解党論が出ているが、前原氏ら保守派が表立って解党を求めれば、党内の路線対立が深刻化し、岡田氏の求心力低下につながる可能性もある。

【参照】時事ドットコム

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top