林檎舎ニュース

投稿日:2016/02/26

ホンハイ 買収予定のシャープに3500億円規模の偶発債務が判明、契約締結を見送りへ

ホンハイ 買収予定のシャープに3500億円規模の偶発債務が判明、契約締結を見送りへ

2月25日にシャープが台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の出資を受け入れ、ホンハイ傘下に入ると報道されていましたが、同日夕方になってホンハイ側が契約締結(調印)を見送ると発表しました。この理由は交渉終了後にシャープに3500億円規模の「偶発債務」が発覚した為だといわれています。
ホンハイによるシャープ買収の行方が気になるところですが、ネット上では26日のシャープや関連企業の株価にも注目が集まっています。

※「偶発債務」とは:現実にはまだ発生していないが、将来一定の条件が成立した場合に発生する債務の総称である。偶発的に発生し、その負債額を正確に予測できないという特徴がある。手形を裏書譲渡した場合や債務の保証人になった場合などがこれに該当する。

偶発債務とは・偶発債務の意味
偶発債務とは、現実にはまだ発生していないが、将来一定の条件が成立した場合に発生する債務の総称である。偶発的に発生し、その負債額を正確に予測できないという特徴がある。手形を裏書譲渡した場合や債務の保証人になった場合などがこれに該当する
鴻海が言う「重大情報」、関係者によると3,500億円相当の偶発債務である、と。リストは100項目以上だとか。ただ、まだ買収には前向きとのこと。
会計士には普段から見慣れている「偶発債務」も、こうしてニュースで見ると、なかなかエゲツない字面ですね。

「偶然に発見した債務」って思った人もいるのかな(「偶然的に発生するかもしれない債務」ですよ)。

もともとContingent liabilityの直訳だったと思います、多分

偶発債務!
これ完全にアウトな感じでいいですか。
 シャープは25日、台湾メーカー・ホンハイ精密工業の出資を受け入れて傘下に入ることを発表したが、ホンハイは同日夕方、契約の締結をしばらく延期すると発表した。

 24日にシャープから重要書類を受け取ったとしていて、その内容を精査する必要があるためとしている。一方で「私たちは早急に、この内容を精査した上で、今回の取引を円満に達成させたい」ともコメントしている。

 ホンハイは6500億円を出資し、シャープの株式の3分の2弱を取得することでシャープと合意していた。

【参照】日テレニュース24

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top