林檎舎ニュース

投稿日:2016/02/23

2/23 15:10 新千歳空港で乗客が緊急脱出:日本航空の旅客機エンジンから煙

2/23 15:10 新千歳空港で乗客が緊急脱出:日本航空の旅客機エンジンから煙

2月23日15時10分ごろ、北海道新千歳空港で乗客乗員およそ160人が乗った日本航空の旅客機のエンジンから煙が出て、乗客が緊急脱出する事故が発生しました。旅客機は離陸前の誘導路を走行中だったため、大事には至りませんでした。
当該の日本航空便は新千歳発福岡行きの3512便・ボーイング737型機で、事故当時の新千歳空港は21センチの積雪と風速8.2メートルの風が吹いていたようです。

緊急脱出した乗客のうち、4名の方が病院で手当を受けていますが、いずれも症状は軽いということです。

2/23 新千歳空港で乗客が緊急脱出:現場画像1
2/23 新千歳空港で乗客が緊急脱出:現場画像1
【速報NHK】
新千歳空港で常客緊急脱出
脱出の際に常客女性1名軽傷

日本航空新千歳~福岡行き3512便ボーイング737型機が
15時10分頃誘導路を走行中右エンジンから煙が出た為乗員・常客165名全員が脱出スライドで緊急脱出

日本テレビより速報【エンジンから出火・ 新千歳空港で乗客緊急脱出】 本日午後3時10分すぎ、新千歳発福岡行き日本航空JAL3512便が離陸のため誘導路を移動中の旅客機の右エンジンから火が出た。脱出の際乗客2人がけが。とのことです
新千歳 大変だねぇ
 23日午後、新千歳空港で、乗客乗員およそ160人が乗った日本航空の旅客機が誘導路を走行中に右エンジンから煙が出て、乗客全員を緊急脱出させました。地元の消防によりますと、乗客のうち女性3人が腰や首の痛みを訴え、病院で手当てを受けているほか、男性1人が体調不良を訴えているということで、いずれも症状は軽いということです。

 日本航空などによりますと、23日午後3時10分ごろ、新千歳発福岡行きの日本航空3512便、ボーイング737型機が新千歳空港の誘導路を走行中、右エンジンから煙が出たため誘導路で停止しました。

 この便には乗客159人、乗員6人の合わせて165人が乗っていて、煙が客室内にも入り込んだため、脱出用スライドを使って緊急脱出させたということです。乗客は、午後3時27分までに全員が脱出したということです。

【参照】NHKニュースウェブ

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top