林檎舎ニュース

投稿日:2015/12/21

12/20放送「下町ロケット」最終回の視聴率は22.3%で民放連続ドラマ1位に輝く快挙:ネット上での感想も高評価

12/20放送「下町ロケット」最終回の視聴率は22.3%で民放連続ドラマ1位に輝く快挙:ネット上での感想も高評価

12月20日に放送された「下町ロケット」最終回(25分拡大放送)の視聴率が公開され、関東地区では22.3%の高視聴率を叩き出し2015年の民放連続ドラマ1位に輝きました。
かなり多くの方が見ていたようで、ネット上での最終回の感想を見ていても概ね高評価な作品だったと感じました。

下町ロケット最終回:視聴率や感想

本日「下町ロケット」最終話❗️

佃製作所大集合です…。
素敵な一枚ですな。

みなさんお見逃しなく!!!

【下町 最終回22.3%で有終の美】ドラマ「下町ロケット」最終回の平均視聴率は22.3%と有終の美を飾った。みんなの感想は。
「下町ロケット」最終回視聴率22・3%で有終の美!今年の民放連ドラ最高

俳優の阿部寛(51)が主演を務めたTBS日曜劇場「下町ロケット」(日曜後9・00)の最終回(第10話)が20日に25分拡大で放送され、平均視聴率は22・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。第8話の20・4%を上回り、自己最高をマーク。自身による今年の民放連続ドラマ1位も更新して有終の美を飾った。

瞬間最高視聴率は午後10時11分の25・8%。完成した新型人工弁ガウディの臨床治験が成功した場面だった。
初回16・1%、第2話17・8%、第3話18・6%、第4話17・1%、第5話20・2%、第6話17・8%、第7話17・9%、第8話20・4%、第9話18・2%と好調に推移した。

最終回直前の午後7時からは新映像を加えた総集編、2時間スペシャル「超緊急特別ドラマ企画 下町ロケット~最終章」を緊急編成。最終回を盛り上げた。

最終回は、医薬品や医療機器を審査する機関の面談を通過し、新型人工弁の大型動物による実験が始まる。順調な進捗具合に喜ぶ佃(阿部寛)は、一村(今田耕司)から人工弁の完成を待つ聖人(庵原匠悟)の容体が芳しくないとの連絡を受ける。佃は一刻も早い臨床治験を目指す。その中、椎名(小泉孝太郎)の製作所で働く中里(高橋光臣)は貴船(世良公則)の人工心臓の耐久性に疑念を抱く…という展開だった。

(一部抜粋)

【参照】ライブドアニュース

下町ロケット2 ガウディ計画
池井戸 潤
小学館 (2015-11-05)
売り上げランキング: 54

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top