林檎舎ニュース

投稿日:2016/08/14

ジャニーズ事務所のSMAP解散発表のタイミングに批難の声が殺到:リオオリンピックの最中に発表した真意とは

ジャニーズ事務所のSMAP解散発表のタイミングに批難の声が殺到:リオオリンピックの最中に発表した真意とは

8月14日に解散が報じられた国民的アイドルグループ「SMAP」の解散発表に、所属するジャニーズ事務所に批難の声が殺到しています。13日夜の時点で情報が先に出され大騒動となりましたが、一部情報では14日深夜の情報解禁だったことが明らかとなっています。

日本では丁度、リオオリンピックの中継が行われており、SMAPリーダーの中居正広さんもキャスターを務めている最中の発表でした。NHKなどではオリンピック中継を中断して速報を出しており、ネット上でも「なぜこのタイミングで発表を行うのか」といった声が多く聞かれました。

スポーツ新聞など、新聞朝刊の一面はSMAP解散発表で飾られているようですが、結果的に国民的なアイドルグループを解散に追い込んだのはジャニーズ事務所だったのかもしれません。

また、14日になり事の真相が明らかになりつつありますが、「酷い仕打ちだ」としてジャニーズ事務所の評判は落ちていく一方です。

オリンピック中継中の情報解禁に不満の声

SMAP解散報道の情報解禁は日付が14日変わってからでした。一部情報によると、香取慎吾さんの番組「SmaSTATION(スマステーション)」放送終了後の解禁だったらしく、オリンピック中継と被る時間。オリンピック中継を中断して速報を出した局もあり、オリンピック選手や視聴者のことに加え、SMAPリーダーの中居正広さんがキャスターを務めている時間帯の発表にはジャニーズ事務所に対して不満や怒りの声が多く投稿されています。

解散に追い込んだのはジャニーズ事務所?ツイッターの反応

ネットではジャニーズ事務所がSMAPを解散に追い込んだという見方が強いようで、発表のタイミングなども含め、非難の声が多く上がっています。

ジャニーズ事務所発表文章の全文

弊社所属アーティスト「SMAP]今後のグループ活動につきまして

いつもSMAPをご支援頂き、有難うございます。これまで皆様に大変ご心配をお掛けしておりました。SMAPの今後の活動につきましてメンバーと協議を重ねた結果をご報告させて頂きます。またメンバーの意思を尊重し、書面でのお知らせとなりましたことをお許しください。

デビューより25年間アーティストとしてグループ活動をして参りましたSMAPは2016年12月31日を持ちまして解散させていただくことになりました。
本年1月にSMAPメンバーより事務所に残りグループ活動を存続させたいという意向を受け、事務所一丸となってSMAPをサポートするべく各部署で様々な準備を進め、2月より8月10日まで半年以上の時間をかけて個々のメンバー並びに全員と面談を重ね、例年通りの音楽番組への出演、ファンへの感謝をこめたコンサートの開催、更には冠番組の20周年とCDデビュー25周年を記念したイベントの企画等を提案し、協議を進めて参りました。しかしながら議論を続ける中で「今の5人の状況ではグループ活動をすることは難しい」というメンバー数名からの要望を受け、7月の音楽特番を辞退させて頂いた経緯がございました。8月に入り、待っていて下さる方々の為にも、落ち着いて考える時間を持ち、前向きな状況が整うまでグループ活動を暫く休むことを提案致しましたが、メンバー数名より「休むより解散したい」という希望が出たことを受け、苦渋の選択ではございますが、これまで一生懸命に走り続けた彼らの功績を尊重し、全員一致の意見ではないものの解散したいと考えるメンバーがいる状況でのグループ活動は難しいと判断し、本日の御報告となりました。

25周年のコンサートやイベントを待ち望み応援してくださっているファンの皆さま、そして彼らを今日まで支えてくださった関係者の皆さまのご期待に応えることが出来ず本当に心苦しく、私共の力不足をお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。

本年を持ちましてSMAPは解散させていただくことになりますが5人それぞれの所属が変わることはなく、より一層個人活動につきましては精進して参ります。
彼らの活動を、これまで同様温かく見守っていただけましたら幸いです。
今後ともご支援とご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社ジャニーズ事務所

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. あのSMAPの会見は、いったい何だったんだ?

Return Top