林檎舎ニュース

投稿日:2016/06/22

C型肝炎の新薬「ソバルディ」転売、岡村鉄哉、森川洋、北島亜矢子の3容疑者を逮捕…生活保護制度の悪用事件

C型肝炎の新薬「ソバルディ」転売、岡村鉄哉、森川洋、北島亜矢子の3容疑者を逮捕…生活保護制度の悪用事件

医療費が無料になる「生活保護制度」を悪用し、C型肝炎の新薬「ソバルディ」を病院から騙し取ったとして、警視庁は森川洋容疑者、岡村鉄哉容疑者、北島亜矢子容疑者の3人を逮捕しました。

ソバルディ」はC型肝炎治療の新薬で1錠6万円以上する高額医薬品。これを84錠(約520万円分)騙し取り転売したとみられています。

詐欺の疑いで逮捕されたのは、神奈川県藤沢市の職業不詳(会社役員との報道も)森川洋容疑者(42)、C型肝炎の患者で生活保護を受給している岡村鉄哉容疑者(48)、岡村容疑者と同居する北島亜矢子容疑者(38)の3人です。

調べに対し、森川容疑者は「知り合いに頼まれてやった」と話すなど、3人はいずれも容疑を認めていて、警視庁が薬と金の流れについて詳しく調べている。

森川容疑者らは岡村容疑者がC型肝炎の患者で生活保護を受けていることを利用し、今年1月から3月にかけて神奈川県相模原市の病院で1錠6万円以上するC型肝炎の新薬「ソバルディ」(ソホスブビル)を84錠、約520万円分を騙し取った疑いがもたれています。

事の発端は森川容疑者が2015年12月にC型肝炎患者の岡村容疑者に、「ソバルディが高く売る」と持ちかけ、生活保護受給者だった岡村容疑者は、北島容疑者と一緒に病院で受診。生活保護受給者が無料で受診できる「医療券」を利用して、薬を無料で入手したとのことです。

入手した薬は森川容疑者が転売したとみられています。

「ソバルディ」は遺伝子型2型のC型肝炎ウイルスの感染者向けの新薬で3カ月の服用で95%の患者の体からウイルスを消せるという画期的な医薬品です。


C型肝炎治療薬「ソバルディ錠」とは?

成分(一般名):ソホスブビル
製品例:ソバルディ錠400mg
区分:抗ウイルス剤/その他/抗ウイルス剤(核酸型NS5Bポリメラーゼ阻害薬)

C型慢性肝炎の2型を治療するお薬です。リバビリン(レベトール、コペガス)と併用し、原因ウイルスを排除します。

【働き】
肝臓病のおおよそ9割はウイルス性です。とくに、B型とC型ウイルスによる慢性肝炎が問題となります。慢性肝炎になると、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、長いあいだに一部が肝硬変へとすすみ、さらに肝臓がんに至ることもあります。この流れを絶つこと、あるいは遅らせるための治療が重要です。B型とC型では治療方針が異なり、さらにC型は遺伝子1型と2型に分かれそれぞれに適した治療がおこなわれます。

このお薬は、C型肝炎ウイルスの増殖をおさえる抗ウイルス薬です。適応となるのは遺伝子2型のC型慢性肝炎です。治療にあたっては、単独ではなく、別の抗ウイルス薬のリバビリン(レベトール、コペガス)といっしょに用います。併用により、抗ウイルス活性が相加的・相乗的に強まり、C型肝炎ウイルスを排除できる可能性が高まるのです。実際の臨床試験でも、この2剤併用療法により90%以上の人でウイルスが消滅し治癒にいたりました。

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se62/se6250042.html

生活保護制度の悪用に怒りの声も

これは「生活保護利用者自身の悪用」よりは「貧困ビジネス」の方で解釈するほうが妥当な例だと思います
断言できませんが
実際に肝炎だったようなので飲んでいたら問題ない例ですね
警察優秀だ。よくそんな裏取引がわかったな。それにしても、生活保護か…。本当にきつい人は大変な思いでやっているのにな。
障碍者手帳もってる障碍者だって、無料じゃねーのにいい御身分だな。老齢年金の10倍貰えてまだ足りない生保受給者がいるらしい。
こういうのを見抜くためにも,取り締まるためにも,また金がかかる
死刑でいいとさえ思うね。
生活保護制度を無くせとは言わんが、こうゆう奴らにはそれくらいしないと悪人が減らない!
こういうズルい連中は、本気で許せない。費用掛かってでも、クズ野郎の選別はしっかりやってほしい。騙し取った金もきっちり取り立ててほしい。
C型肝炎の患者で生活保護を受けていた岡村鉄哉容疑者が病院から「ソバルディ」を騙し取り、森川洋容疑者が転売していたことが明らかとなった事件でした。この件から「生活保護叩き」となるのを心配する声が上がる一方、「氷山の一角だ」といった意見も出ています。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top