林檎舎ニュース

海上保安庁

Tagged
川崎市・京浜港でタンカーの衝突事故、日本の第八けいひん丸が沈没寸前

京浜港でタンカーの衝突事故、日本の第八けいひん丸が沈没寸前:パナマ船籍のイースタンフェニックスと衝突

8月7日午前9時20分頃、神奈川県川崎市川崎区・京浜港扇島沖で、タンカー同士が衝突する事故があり、タンカーから軽油が流出し、横浜海上保安部が油が流れ出ないように作業を進めるとともに、詳しい事故の原因を調べています。 横浜海上保安部によると、衝突したのは日本のタンカー「第八けいひん丸」144トンと、パナマ船籍のタンカー「...
海上保安庁:熊本地震での支援

海上保安庁が熊本港・八代港・三角港の三港で給水・入浴・電源供給支援 4月19日も所定時間より開始予定

熊本地震で被災した方の給水・入浴・電源供給の支援が海上保安庁によって4月19日(火)も熊本県内の3港で実施されます。 「海上保安庁からのお知らせ」として案内されているのは熊本県内の「熊本港」で給水が朝8時から午後6時、入浴が午前10時から午後5時で実施。「八代港」で給水と電源供給が午前9時から午後6時、入浴が午後1時か...
高速ジェット船「セブンアイランド友」:クジラと衝突

伊豆大島沖で高速ジェット船「セブンアイランド友」がクジラと衝突:巡視船に曳航され伊東港へ

静岡県熱海を2月6日午前8時に出発した高速ジェット船「セブンアイランド友」が東京・伊豆大島沖でクジラと衝突し航行不能に陥る衝突事故がありました。海上保安部・東海汽船の発表では衝突の影響で船の先が損傷・浸水したことで航行不能だが沈没の恐れはないようです。 下田海上保安部の巡視船が現場で救助活動を行い、ジェット船は曳航(え...
東京湾タンカー沈没事故:第一サンウェー丸

東京湾で小型タンカー「第一サンウェー丸」と砂利運搬船が衝突しタンカー沈没

2016年1月16日午後0時10分ごろ、東京湾の川崎沖で小型タンカー「第一サンウェー丸」(92トン・全長32メートル)と砂利運搬船が衝突しタンカーが沈没しかけています。第3管区海上保安本部の発表ではタンカーに積載されていた積荷は大型船用の潤滑油で、海面に流出しており海上保安部が作業にあたっています。 乗組員3人は砂利運...
沖縄尖閣諸島:海警31239

【沖縄 尖閣諸島】中国海警局船「海警31239」に武器搭載か、尖閣周辺海域の中国船で武器の確認は初

海上保安庁によると、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域を航行していた中国海警局の船(海警31239)に武器のようなものが搭載されていたと発表。尖閣諸島の周辺海域を中国海警局の船が航行することは度々あったが、武器搭載が確認されるのは初めてです。 この出来事が国内メディアであまり報じられていないことを受け、ヒゲの隊長こと政治家...
Return Top