林檎舎ニュース

投稿日:2016/03/05

タイ・バンコクのセンセープ運河で水上バスの爆発事故発生:爆発原因は燃料漏れとの見方

タイ・バンコクのセンセープ運河で水上バスの爆発事故発生:爆発原因は燃料漏れとの見方

日本時間の3月5日午前8時20分頃、タイ・バンコク郊外のセンセープ運河を走る水上バスのエンジンが爆発し、乗客60人以上がケガをしました。ケガ人の中には16歳の日本人男性が含まれていますが、命に別状はないとのことです。

現地警察の発表では爆発の原因について、タンクから燃料が漏れ引火した疑いが強いとのことで、爆弾テロの類いの可能性は低いとのことです。

【経】 バンコクでボート爆発 日本人生徒含む50人負傷 (日本経済新聞): 【バンコク=共同】タイ警察によると、首都バンコクのセンセープ運河で5日朝、水上バスとして使われているボートが爆発し、日本人1人を含む約50人が負傷した。
今朝のセンセープ川でのボート爆発って日本人1人(อิโอรุ、イオル?さん)含まれてます。現時点で67人が怪我とのこと
 日本時間のきょう午前8時20分ごろ、バンコク郊外の運河を走る水上バスのボートのエンジンが爆発し、乗客など60人がけがをしました。

 現場に設置された監視カメラの映像では、乗り場に着いたボートに人が乗り込み、出発する直前に爆発が起きた様子が確認できます。

 救助活動に当たったバンコクの消防によりますと、けが人の中に16歳の日本人男性が含まれており、この男性は足や腕などにやけどをしたということです。NHKが、この男性に話を聞いたところ、男性は現場近くに住んでいて、テニスの練習に行くため爆発が起きた1つ前の乗り場で水上バスに乗ったということです。男性は現在、病院で手当てを受けていますが、命に別条はないということです。

 警察では燃料のガスがタンクから漏れ、何らかの原因で引火したことで爆発が起きたとみており、爆弾テロの可能性は低いとみています。警察ではボートのエンジンを調べるなどして爆発の詳しい原因を調べることにしています。

【参照】NHKニュースウェブ

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top