林檎舎ニュース

投稿日:2016/07/19(最終更新:2016/08/12)

台湾「桃園国際空港」近くの道路で観光バス炎上事故、乗員乗客26人全員が死亡

台湾「桃園国際空港」近くの道路で観光バス炎上事故、乗員乗客26人全員が死亡

7月19日午後1時(日本時間午後2時)ごろ、台湾北西部の桃園市で桃園国際空港に向かって走行していた観光バスから出火し、ガードレースに衝突・炎上する事故が発生しました。この事故で乗員乗客26人全員の死亡が確認されています。

バスに乗っていたのは中国東北部・遼寧省から訪れていた観光客の団体で、今月12日から台湾を訪れており、桃園国際空港向かっていた帰り道での出来事。消防当局が車両13台と消防士30人を派遣し、消火活動・救助活動が行われた。

現在、現地の警察と消防などが事故の原因を調べていますが、バス自体に欠陥があったとの見方が強いようです。

現地メディアの報道

現地メディアがツイッターに投稿した事故現場の写真では、ガードレールに突っ込んだバスが炎上しており、外側からガラスを叩き割っているのが確認できます。
桃園国際空港付近のバス炎上事故:現場写真1
桃園国際空港付近のバス炎上事故:現場写真2

乗員・乗客が逃げ出せなかった理由は

この炎上事故で、乗員2人と乗客の観光客24人全員が死亡しました。1人も逃げ出すことができなかったのは、バスのドアが内側に押し込まれた為という情報も。詳しい事故原因は現地警察などが捜査中です。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top