林檎舎ニュース

投稿日:2016/01/16

【台湾総統選】民進党 蔡英文氏が大差で勝利:台湾史上初の女性総統誕生 8年ぶりの政権交代

【台湾総統選】民進党 蔡英文氏が大差で勝利:台湾史上初の女性総統誕生 8年ぶりの政権交代

1月16日に投票が行われた台湾の総統選挙で民進党の蔡英文(さいえいぶん)氏が国民党の朱立倫氏に大差をつけて圧勝しました。今回の選挙で勝利したことにより、台湾の歴史史上初となる女性総統の誕生と8年ぶりの政権交代が実現しました。

台湾では午後5時から開票作業が続けられていますが、途中経過として中央選挙委員会の発表によると日本時間の午後10時半時点で民進党の蔡英文氏が688万票余り、国民党の朱立倫氏が380万票余りを獲得しています。

今回の台湾の総統選挙の注目度は日本でも高く、各陣営の選挙活動中から日本のテレビ局の取材がたびたび行われていました。日本人の関心の多くは民進党・蔡英文氏が選挙に勝利したことで「日本にどのような影響が出るか」ということや、全世界も注目する「中国との距離・関係性」といった所だと思われ、今後の動向にも注目が集まりそうです。

中国総統選:蔡英文が勝利報告
【台湾総統選 8年ぶり政権交代なるか】
投票が進む台湾の総統選挙。与党・国民党が政権を守るのか、最大野党・民進党が8年ぶりの政権交代を実現するのか注目が集まっています。最新ニュースをまとめています。
民進党の蔡英文候補は記者会見し、「台湾の人々は投票によって歴史を作った。政権交代を成し遂げたことは民主的な選挙にとって最も大きな意義だ」と述べて勝利宣言しました。動画を掲載しました。
 16日に投票が行われた台湾の総統選挙で、民進党の蔡英文氏が日本時間の午後9時半すぎに記者会見し、「台湾の人々は投票によって歴史を作った。政権交代を成し遂げたことは、民主的な選挙にとって最も大きな意義だ」と述べて、勝利を宣言しました。
 16日に投票が行われた台湾の総統選挙は、民進党の蔡英文氏が、与党・国民党の候補に大差をつけて圧勝し、台湾で初めて女性の総統が誕生することになりました。国民党の中国への急速な接近を批判した民進党が8年ぶりに政権を奪還することになりました。

 馬英九総統の任期満了に伴って行われた台湾の総統選挙は3人が立候補し、事実上、与党・国民党の朱立倫氏(54)と最大野党・民進党の蔡英文氏(59)の争いとなりました。

 投票は日本時間の午後5時に締め切られて、開票作業が続いており、中央選挙委員会の発表で、日本時間の午後10時半現在、民進党の蔡英文氏が688万票余り、国民党の朱立倫氏が380万票余りとなっています。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 中国の経済は下降線で、長期の低迷期に入ってしまった。
    あと2年もすれば、台湾の中国依存度は半減以下になるよ。
    民進党政権になってよかったと思う。
    社会不安リスクの高い中国は、経済の低迷が想像以上に混乱を招く。

Return Top