林檎舎ニュース

投稿日:2015/12/24

高浜原発の再稼動、大飯原発の再稼動差し止めの申し立てを退ける:福井地裁

高浜原発の再稼動、大飯原発の再稼動差し止めの申し立てを退ける:福井地裁

12月24日に福井地裁で行われた、関西電力「高浜原子力発電所3・4号機(福井県高浜町)」の再稼動を差し止めた仮処分(4月)を取り消しました。これにより差し止めの効力はなくなり、3号・4号機共に再稼動が可能となりました。
また同地裁は「大飯原発(福井県おおい町)」の再稼動差し止めを求めていた住民の仮処分申請も却下しています。

【速報 JUST IN 】高浜原発3・4号機 再稼働認める判断 福井地裁
【速報 JUST IN 】大飯原発3・4号機 住民の申し立て退ける 福井地裁

関西電力高浜原子力発電所3、4号機(福井県高浜町)の再稼働を差し止めた仮処分の保全異議審で、福井地裁(林潤裁判長)は24日、関電の異議を認め、同地裁による今年4月の仮処分決定を取り消した。

差し止めの効力はなくなり、両基は再稼働が可能となった。関電は25日以降に核燃料の挿入を開始し、3号機を来年1月下旬、4号機は同2月下旬にも再稼働する方針。

両基は今年2月、原子力規制委員会の安全審査に合格し、現在、規制委の使用前検査が行われている。再稼働には地元同意が必要だが、高浜町議会、町長、福井県議会に続き、西川一誠知事が今月22日に同意を表明し、手続きは完了している。

仮処分は昨年12月、福井、京都など4府県の住民9人が申し立てた。同地裁の樋口英明裁判長(当時)は今年4月の仮処分決定で、東京電力福島第一原発事故を受けて規制委が定めた新規制基準について「緩やかにすぎ、合理性を欠く」などと指摘。両基の危険性を認定し、再稼働を差し止めた。これに対し、関電が異議を申し立てていた。

異議審は、仮処分裁判とは別の裁判官3人が担当。関電側は「仮処分決定は高度の科学的・専門的知見を踏まえておらず、事実誤認もある」などと主張していた。

一方、同地裁は24日、関電大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働差し止めを求めていた住民の仮処分申請も却下した。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top