林檎舎ニュース

投稿日:2016/03/25

生命保険協会 瀧田祐さん ベルギー同時テロで重体の日本人男性:地下鉄での爆発に巻き込まれ集中治療室で治療

生命保険協会 瀧田祐さん ベルギー同時テロで重体の日本人男性:地下鉄での爆発に巻き込まれ集中治療室で治療

ベルギーで発生した連続テロ事件で日本人二人が爆発に巻き込まれたと発表されていましたが、被害状況の詳細が明らかとなってきました。
病院に搬送され集中治療室(ICU)で治療を受けているのは瀧田祐さんで東京に本部がある生命保険協会の職員でブリュッセルに出向中。瀧田さんは現在、意識不明の重体です。
もう一人の日本人男性は軽症だと報じられています。

ベルギーの連続テロ事件に巻き込まれ、病院で手当てを受けている日本人の30代の男性は、東京に本部がある生命保険協会の職員の瀧田祐さんと分かった。
【テロ被害の日本人は瀧田さん】ベルギーの連続テロ事件に巻き込まれ病院で手当てを受けている日本人の30代の男性は東京に本部がある生命保険協会の職員の瀧田祐さんと分かりました。これは生命保険協会が明らかにしたものです。
瀧田さんは国際保険協会連盟に出向し去年4月からベルギーのブリュッセルに赴任していたということです。通勤途中で地下鉄での爆発に巻き込まれたということで、現在も病院で手当てを受けています。

重体の邦人男性、ICUで手当て ベルギー

ベルギーの連続テロ事件に巻き込まれ、病院で手当てを受けている日本人の30代の男性は、東京に本部がある生命保険協会の職員の瀧田祐さんと分かりました。

菅官房長官は24日午前の記者会見で、ベルギーの連続テロ事件でけがをした日本人について、「軽傷の方は日野実さんで、足に軽傷を負ったが、現在快方に向かっていると報告を受けている。重傷の方は30代の現地在住の男性で、意識はないが容体は安定していると報告を受けている」と述べました。

【参照】NHKニュースウェブ

ベルギー連続テロの日本人被害者の一人が重体

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top