林檎舎ニュース

投稿日:2016/05/24(最終更新:2016/05/26)

田村梨恵容疑者逮捕 生後4カ月の長女に全治不詳の傷害:埼玉県入間市久保稲荷1丁目の集合住宅

田村梨恵容疑者逮捕 生後4カ月の長女に全治不詳の傷害:埼玉県入間市久保稲荷1丁目の集合住宅

5月23日、埼玉県警狭山署は生後4カ月の長女の顔を殴り、全治不詳のくも膜下出血を負わせた傷害容疑で母親・田村梨恵容疑者(37)を逮捕しました。現場となったのは埼玉県入間市久保稲荷1丁目の集合住宅。長女は今のところ命に別状はないとのことです。

田村容疑者は会社員の夫(43)と長女の3人で暮らしており、今月21日午後7時頃に長女を殴ったことを夫に報告。体調を崩し23日午前に病院に連れて行ったことで事件が発覚しました。

【4カ月女児の顔殴る 母親逮捕】生後4カ月の長女の顔面を殴るなどし、全治不詳の外傷性くも膜下出血などの傷害を負わせた疑いで母親を逮捕。容疑を認める。
生後4カ月の長女殴り、全治不詳のけが 容疑の37歳母逮捕/狭山署(埼玉新聞)
俺初めて「全治不詳」って言葉聞いた。
子供は親を選べない悲劇。
「全治不詳の~」と報じられるのがごく稀なケースです。

埼玉県入間市 娘に全治不詳の外傷性くも膜下出血の傷害…母親の田村梨恵容疑者を逮捕

狭山で乳児を殴り重傷 37歳母親を逮捕

 生後4カ月の長女の顔を殴りけがをさせたとして、埼玉県警狭山署は23日、傷害の疑いで、同県入間市久保稲荷の無職、田村梨恵容疑者(37)を逮捕した。容疑を認めているという。 

 逮捕容疑は今月21日、長女の顔面を殴り、くも膜下出血などの重傷を負わせたとしている。長女は今のところ命に別条はない。

 同署によると、田村容疑者は集合住宅で、会社員の夫(43)と長女の3人暮らし。同署は日常的な虐待がなかったかどうかも含めて、詳しい事情を調べている。

生後4カ月の長女殴り、全治不詳のけが 容疑の37歳母逮捕/狭山署

 生後4カ月の娘の顔を殴るなどしたとして、狭山署は23日、傷害の疑いで、入間市久保稲荷1丁目、無職の女(37)を逮捕した。

 逮捕容疑は21日、自宅で生後4カ月の長女の顔面を殴るなどし、全治不詳の外傷性くも膜下出血などの傷害を負わせた疑い。

 同署によると、女は夫(43)と長女の3人暮らし。21日午後7時ごろ、女が、長女を殴ったことを帰宅した夫に報告。22日夜、長女が体調を崩しミルクを飲まないなどしたため翌23日午前、病院に連れて行った。

 同日、病院の看護師から連絡を受けた消防が110番した。女は「叩いてけがさせたことは間違いない」と容疑を認めているという。

生後4カ月の娘(長女)に全治不詳と報じられるほどの外傷性くも膜下出血を負わせた母親:田村梨恵容疑者が傷害容疑で逮捕されました。かなり悪質な虐待事件のようです。

「全治不詳」というのはどの程度の状態なのか?

傷害事件等のニュース記事にある全治不詳の怪我と言うのは、どの程度の怪我の事を言うのでしょうか?
また、全治不明の怪我と違うのでしょうか?

概ね1年以上の全治期間がかかるものはこのように表現されているようです。1年以上の全治期間というと、ほとんど後遺症が残るなど全治とは言い難いけがなのだろうと思います。一方、けが自体はすぐ治るものの、後遺症が残って全治するとは言えないような場合にもこのように表現しうるところですが、一般には前者の場合を言うのでしょう。

全治不詳と全治不明は同じ意味と理解してよいと思います。全治するか分からないあるいは全治するとしてもどれだけかかるか分からないという意味のいずれでも使いうる表現です。

「全治不詳」についてこの回答を見る限りだと、全治1年以上の怪我のことを指すようですが、後遺症が残るなどの心配も出てきそうです。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top