林檎舎ニュース

投稿日:2015/12/22

登山家の谷口けいさん 心肺停止状態で見つかり病院で死亡が確認される

登山家の谷口けいさん 心肺停止状態で見つかり病院で死亡が確認される

22日午前10時前、北海道・黒岳で滑落し21日から行方が分からなくなっていた登山家の谷口けいさんを発見したようです。
心肺停止状態で発見時されており、現在ヘリコプターで北海道内の病院へ搬送されましたが、病院で死亡が確認されました。

登山家の谷口けいさん発見 死亡を確認
【登山家の谷口けいさん 心肺停止の状態で見つかる】
警察に入った連絡によりますと、22日午前10時前、北海道の大雪山系の黒岳で、21日から行方が分からなくなっていた女性登山家の谷口けいさん(43歳)を、捜索にあたっていた警察が見つけました。
警察によりますと、谷口さんは心肺停止の状態で、ヘリコプターに乗せ病院に搬送しているということです。
(2015年12月22日 10:23 NHK)

登山家の谷口けいさん発見 死亡を確認

北海道の大雪山系の黒岳で21日から行方が分からなくなっていた女性登山家の谷口けいさんが、22日午前発見され、警察によりますと、病院で死亡が確認されました。

22日午前9時40分ごろ、北海道の大雪山系の黒岳で行方が分からなくなっていた登山家の谷口けいさん(43歳)を捜索隊が見つけました。発見された当時、谷口さんは心肺停止の状態で、警察によりますと、搬送先の旭川市内の病院で死亡が確認されたということです。

警察によりますと、谷口さんは20日から仲間の男性4人と黒岳に入り、安全のため仲間とロープで体をつないでいましたが、21日は山頂付近で休憩していた際、ロープを外して1人で離れた場所に行ったということです。山頂付近の北西側の急な崖に滑落した跡があったということで、22日朝から警察の救助隊員や登山仲間などが捜索に当たっていました。

谷口さんは世界最高峰のエベレストなどのほか、平成20年には世界で初めてインドのカメット峰の南東壁からの登頂に成功し、すぐれた登山家に贈られるフランスの「ピオレドール賞」を女性として初めて受賞しています。

【参照】NHKニュースウェブ

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top