林檎舎ニュース

投稿日:2016/07/14

宮内庁次長が天皇陛下の生前退位を全面否定、朝日新聞が報じ情報錯綜:海外メディアでも速報で伝えられる

宮内庁次長が天皇陛下の生前退位を全面否定、朝日新聞が報じ情報錯綜:海外メディアでも速報で伝えられる

7月13日、NHKの報道で明らかになった、天皇陛下の「生前退位」について、宮内庁次長の山本信一郎氏が「報道されたような事実は一切ない」と全面否定したと、朝日新聞が同日午後10時前に報じたことで情報が錯綜している。

朝日新聞によると、宮内庁・山本信一郎次長は、天皇陛下の生前退位について宮内庁内で報道陣の取材に応じ、「報道されたような事実は一切ない」と述べた。宮内庁として生前退位の検討をしているかについては「その大前提となる(天皇陛下の)お気持ちがないわけだから、検討していません」と語ったという。

初報を出したNHKは14日午前2時すぎの時点では生前退位関連の記事を取り下げたり、修正したりはしておらず、「天皇陛下の生前退位の意向がある」ということは事実という見方が強まっている。

天皇陛下の生前退位については「皇室典範」に規定されておらず、今後は法律の改正を含めた議論が必要になるといわれており、各メディアが報じている。

NHKの速報をうけ、海外メディアでも「生前退位の意向を示している」と速報で伝えており、海外でも生前退位について報じられています。

NHKは13日の初報から訂正出さず「確かな情報」との見方も

朝日新聞がネットニュースに掲載した内容では、宮内庁・山本信一郎次長が(生前退位について)全面否定したということが書かれています。

一方、初報で「天皇陛下が生前退位の意向」と報じたNHKは、14日午前2時すぎの時点でも訂正を出さずに各方面の反応を掲載しています。生前退位の意向を持っているという報道は確かな情報との見方が強いようです。


皇室典範の見直しが議論に

「生前退位」は「皇室典範」に規定されておらず、明治以降、生前に退位した天皇もおらず、今後、法律の改正を含めた議論が必要となると報じられています。

天皇の生前退位の意向、宮内庁次長が全面否定:ツイッターの反応は

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 朝日新聞か…

Return Top