林檎舎ニュース

投稿日:2016/08/07(最終更新:2016/08/13)

東京都杉並区久我山の富士見ヶ丘駅前商店街で火炎瓶が投げ込まれ爆発、複数人がけが:犯人は自殺を図り心肺停止状態か

東京都杉並区久我山の富士見ヶ丘駅前商店街で火炎瓶が投げ込まれ爆発、複数人がけが:犯人は自殺を図り心肺停止状態か

8月7日午後7時半過ぎ、東京都杉並区久我山の富士見ヶ丘駅の駅前商店街で行われていた七夕祭りの現場に、道路沿いの建物3階から複数の火炎瓶が投げ込まれ、複数の男女がけがを負い、火炎瓶を投げた犯人とみられる容疑者1人が心肺停止状態となっています。

7日午後10時時点の最新情報では、けが人は14人にのぼるという。

火炎瓶が投げ込まれたのは東京都杉並区久我山の京王井の頭線・富士見ヶ丘駅前の商店街で、今週の土曜(6日)、日曜(7日)と「富士見丘七夕踊り流し(七夕祭り)」が開催されており、火炎瓶が投げ込まれた7日午後7時半頃はブラジルサンバパレードが催されていた最中の出来事でした。

事件現場に居合わせた人が撮影した映像では、商店街の道路沿いの建物3階とみられる場所から犯人とみられる人物が道路に向けて何かを投げ、道路上で破裂し、燃え広がる様子が撮影されています。

「祭りのサンバパレード最中に爆発音を聞いた」「火炎瓶らしきものが投げ込まれた」という通報が相次ぎ、警視庁や東京消防庁が現場で調べたところ、道路上でけがを負った人のほかに、3階建ての建物の3階部分から火が出ているということです。この建物からは男性1人が搬送されていますが、心肺停止・意識不明の状態とのことです。

火炎瓶を道路に投げ込んだ犯人がいたのも3階だったこともあり、心肺停止状態で搬送された男性が犯人との見方が強いようです。また、未確認情報ですが、犯人は火炎瓶を投げ込んだ後に自殺を図ったという情報もあります。

警視庁と消防は、事件当時の状況について詳しく調べています。

この富士見ヶ丘駅前の火炎瓶事件について詳しい情報が入り次第、随時更新していきます。

事件現場を撮影した動画がYouTubeに投稿

8月7日、富士見ヶ丘駅の駅前商店街通りで「富士見丘七夕踊り流し」の最中、建物の3階から火炎瓶らしきものが投げ込まれる瞬間を撮影した動画が、動画投稿サイトYouTube(ユーチューブ)に投稿されています。動画は合計3本でタイトルにはそれぞれ「富士見ケ丘祭り火炎瓶投げるやつ現る」と付けられています。動画からは物々しい雰囲気が伝わってきます。



消防車出動の大騒動、現場の様子など

火炎瓶が投げ込まれ爆発した事件で、お祭りは中止となり、警察官と消防隊員が現場に駆け付けました。事件現場一帯は多くの消防車が出動しており、騒然としているようです。ツイッターには事件直後の様子を撮影した写真が多く投稿されています。
東京・杉並区の火炎瓶投げ込み事件:現場写真1
東京・杉並区の火炎瓶投げ込み事件:現場写真2
東京・杉並区の火炎瓶投げ込み事件:現場写真3
東京・杉並区の火炎瓶投げ込み事件:現場写真4
東京・杉並区の火炎瓶投げ込み事件:現場写真5

東京・杉並区の富士見ヶ丘駅前商店街で爆発事件、ツイッターの反応

当時、サンバのパレードが行われていた現場で起きた爆発で現場周辺は騒然となりました。犯行に及んだ理由は何だったのでしょうか。ツイッターでもこの事件が大きな話題となっています。中には「テロ行為だ」という声も聞かれます。

事件現場(富士見ヶ丘駅)周辺の地図

爆発事件が起きた現場は東京・杉並区久我山の京王井の頭線「富士見ヶ丘駅前」の商店街です。事件当時は「富士見丘七夕踊り流し」でサンバカーニバルパレードの祭りが開催されていました。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top