林檎舎ニュース

投稿日:2016/04/17

多摩市・聖蹟桜ヶ丘駅前のビル工事現場の一部が強風で崩壊…川崎街道が通行止めで渋滞

多摩市・聖蹟桜ヶ丘駅前のビル工事現場の一部が強風で崩壊…川崎街道が通行止めで渋滞

東京都多摩市にある京王線・聖蹟桜ヶ丘駅(せいせきさくらがおかえき駅)の駅前で工事中のビルが強風に煽られ一部が崩壊しています。強風で飛ばされたパネルが地上に落下しており、周辺を走る川崎街道「多摩市健康センター入口~多摩市新大栗橋」の間が通行止めで渋滞しているようです。

ツイッターなどには聖蹟桜ヶ丘駅前の様子が写真や動画で相次いで投稿されています。

聖蹟桜ヶ丘の解体中のビルが半端なくやばい。
殺人兵器になってるww
聖蹟桜ヶ丘駅前のビル工事現場が崩壊して道路が封鎖されています。車乗る方は川崎街道および聖蹟桜ヶ丘駅付近の通過を避けましょう。
東京都多摩市、川崎街道の下りの聖蹟桜ヶ丘付近にある解体中のビルが
強風の影響で落下 付近は通行止めに
強風で多摩市聖蹟桜ヶ丘の建設現場の仮設足場が吹き飛ばされた模様。
聖蹟桜ヶ丘駅前の解体ビルで足場が剥がれる:現場映像1
聖蹟桜ヶ丘駅前の解体ビルで足場が剥がれる:現場映像1
聖蹟桜ヶ丘駅前の解体ビルで足場が剥がれる:現場映像2
聖蹟桜ヶ丘駅前の解体ビルで足場が剥がれる:現場映像3
聖蹟桜ヶ丘駅前の解体ビルで足場が剥がれる:現場映像4

東京都多摩市「聖蹟桜ヶ丘駅前」現在の様子や映像など

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top