林檎舎ニュース

投稿日:2016/04/05

東京メトロ半蔵門線「九段下駅」でベビーカー挟んだまま一駅走行…新人車掌の判断ミスが事故原因か

東京メトロ半蔵門線「九段下駅」でベビーカー挟んだまま一駅走行…新人車掌の判断ミスが事故原因か

4月4日の午後3時頃、東京メトロ・半蔵門線「九段下駅」でベビーカーのパイプ部分が電車ドアに挟まったまま電車が動き出し、ベビーカーが約100メートル引きずられホームの柵に当たり破損するという事故が発生しました。ホームと電車内に設置された非常通報ボタンがそれぞれ押されたにも関わらず、電車は非常停止することなく400メートル先の「神保町駅」まで走行したとのことです。

東京メトロの発表では新人の女性車掌が通報ボタンに気付いていたものの、緊急停止ボタンを押すのを躊躇ってしまったことや目視による安全確認が不十分だったことが事故原因だと明らかになりました。東京メトロの車両ドアにはセンサーが付いていますが、1.5センチ以上の厚みでないとセンサーが正常に反応しないことが判明しています。

【ニュースウオッチ9】東京の地下鉄で列車がベビーカーをドアに挟んだまま発車したトラブル。発車後、客がホームと車内の非常ボタンを押しましたが、車掌は緊急停止させずに列車を次の駅まで運行させたということです。大惨事につながりかねなかった今回の問題、対策を考えます。
【ベビーカー挟み発車 東京メトロが再発防止策】東京メトロ半蔵門線で、列車がベビーカーをドアに挟んだまま発車したトラブルを受けて、「東京メトロ」の奥義光社長が5日国土交通省を訪れ、今後、再発防止を徹底する考えを示しました。
【車掌「乗務後までベビーカー挟んだこと気付かず」】4日、東京メトロ半蔵門線で、列車が、ベビーカーをドアに挟んだまま発車したトラブルで、車掌は「乗務後に詰め所に戻って上司から説明されるまで気付かなかった」と話していることが分かりました。

なぜ発車?ベビーカー挟まり柵に激突…検証

 4日、東京メトロ半蔵門線の電車がドアにベビーカーを挟んだまま、約100メートル走り続け、ホームの柵にぶつかるという事故が起きた。一歩間違えば大惨事になった事故。車掌はなぜ走行を続けたのだろうか。

【事故の状況】

・事故は4日午後3時頃、東京メトロ・半蔵門線の「九段下駅」に進入してきた10両編成の電車で起きた。
・その6両目に子供2人を連れた女性が乗り、後にベビーカーを押した男性が続いた。その際、ベビーカーの前輪につながるパイプ部分がドアに挟まれたという。
・電車は、その状態のまま発車。ベビーカーは約100メートル引きずられた後、ホーム端の柵にぶつかって壊れ、線路に落下した。ベビーカーには誰も乗っておらず、けが人はいなかった。

■東京メトロによると、ドアに1.5センチ以上の厚さのものがはさまり、正常に閉まらない場合は、ランプが消えず発車できない仕組みになっているという。しかし今回、ベビーカーが挟まっていたにもかかわらず、ランプが消えていたという。

■ベビーカーが挟まった6両目は、車掌が目視で安全確認を行うことになっているが、東京メトロによると、車掌の安全確認が不十分だったという。車掌は、先月中旬から業務を始めたばかりの新人の女性だった。

■ベビーカーが挟まったまま電車が発車したとき、先に車内に乗っていた女性が非常通報ブザーを押したにもかかわらず、電車は、そのまま隣の神保町駅まで走行を続けたという。

■一歩間違えれば、人命に関わっていた可能性もある事故。過去に起きた同様の事故や、車両基地での実験を通して、今回の事故を検証する。

【参照】日テレニュース24

東京メトロ・九段下駅で発生したベビーカー引きずり事故、非常通報ボタンの意味は?

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top