林檎舎ニュース

投稿日:2016/06/04(最終更新:2016/08/12)

【盗水事件】神奈川県横須賀市長井 長井漁港内で謎の水道管発見:長井海洋実習場の専用管に接続し盗水?

【盗水事件】神奈川県横須賀市長井 長井漁港内で謎の水道管発見:長井海洋実習場の専用管に接続し盗水?

神奈川県横須賀市長井5丁目付近の長井漁港の工事現場で所有者不明の水道管が発見され、あまり聞かない盗水事件として騒動になっています。横須賀市や地元漁協の話では「過去に埋没した経緯はない」としていますが、隣接する学校施設の専用管に接続し水を無断使用していた形跡があり、行政に詳細な調査を求めているとのことです。

盗水事件として世間を騒がせているのは、神奈川県横須賀市長井5丁目付近「長井漁港」内の漁具倉庫跡地です。建て替え工事中の5月下旬、地中50センチから1.5メートルの深さに水道管が20メートルほど伸びているのを発見した。市営水道を利用する県立海洋科学高校「長井海洋実習場」の専用管から分岐し接続されていたとのこと。

市や長井町漁協の発表では、工事中の漁具倉庫は1970年代半ばに整備。約150平方メートルを12部屋に分け、卸売業者や漁師らに貸していたが、同漁協は「倉庫の目的で市から土地を借りており、水道は必要ないし整備もしていない」と説明。市にも給水の届け出はない。建物は昨秋、老朽化のため解体されたが、更地に戻した段階では気付かなかったという。

県教育委員会が現地を調査。1971年の実習場開設後、1990年に給水管を取り換えた記録が残っており、その後に接続されたとみている。担当者は「県教委の水道メーターには使用量が反映されない部分に接続されており、盗水の被害はない」としている。水道管の素材などから、昭和の終わりから平成の初めごろ埋設されたと推定されています。

市の担当者は「素人の仕事ではないが、指定工事業者がやるとも考えられない。発覚したら処分される事案」というも真相不明。漁協関係者は「この時代に盗水なんて信じられない」と語った。


謎すぎる盗水事件、いったい誰が?「指定業者の工事ではない」

横須賀市の謎の水道管ニュース見たけど本当に謎だよね。指定業者があんな規模の大胆な盗水工事するはずないし、またそれが他人の土地通って公共施設へ接続されてるって一般家庭より絶対にバレるし大事になるから、まあ指定業者なわけないよね。で、誰がそんなことしたんだろうねぇ。本当に謎
横須賀市は市営の水道なので、また週明け荒れそうですね。つーか、水道局の中の人も心配だよ。こんなのまずありえないよ。すげえな。聞いたこともない大胆な盗水
>>漁協関係者は「職場の足元で盗水が行われていたとしたら、気分が悪い」と問題を水に流すつもりはなく、行政に詳細な調査を求めている。
>>問題を水に流すつもりはなく

なに頑張ってうまいこと言おうとしてるんですかね

長井漁港内の工事現場で見つかったという所有者不明の配水管。ネット上でも「盗水」という珍しい言葉が話題になっています。
大胆な盗水事件が発覚し、管理する横須賀市(市営水道のため)は週明けから対応に追われそうです。

謎の配水管が見付かった「長井漁港」(市場前堤防)付近の地図

所在地は神奈川県横須賀市長井5丁目24、神奈川県横須賀市長井5丁目

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top