林檎舎ニュース

投稿日:2016/02/04(最終更新:2016/02/05)

高鳥修一副大臣が和服姿でTPP協定署名式へ:署名する袴姿が「ジュダイの騎士」みたいとの声も

高鳥修一副大臣が和服姿でTPP協定署名式へ:署名する袴姿が「ジュダイの騎士」みたいとの声も

2016年2月4日に環太平洋連携協定(TPP)参加12カ国がニュージーランドの最大都市オークランドで署名式を開催した。TPP署名式には高鳥修一内閣府副大臣が和装(和服)で出席し署名したと報じられています。
金銭授受の責任を取り辞任した甘利大臣の代理出席ですが、石原伸晃新大臣ではなく高鳥副大臣が署名式に参加したようです。

署名式に参加した他の国の要人達はスーツで並ぶなか、高鳥副大臣の和服姿は目を引く存在となりネット上では「ジュダイの騎士みたい」といった声もあがっており、上々の反応のようです。

高鳥副大臣:TPP署名式での姿

TPP署名式に高鳥副大臣が和装で出席したとのこと。良い!
かつてTPP加盟について『国家主権の放棄であり、平成の「開国」どころか平成の「売国」だ』と言っていた高鳥副大臣が署名して浮かれている。。。
高鳥副大臣が和服で署名してる雰囲気 なーんかどっかで見た事あるなと思ったら ジェダイの騎士だ(≧∇≦)
 日米など環太平洋連携協定(TPP)参加12カ国は4日、ニュージーランドの最大都市オークランドで協定文に署名した。昨年10月に大筋合意した協定文が確定し、今後は議会承認など国内手続きを本格化させる。協定が発効すれば国内総生産(GDP)で世界の約4割を占める巨大経済圏が誕生する。

 高鳥修一内閣府副大臣が和服姿で式典に出席し、署名した。交渉を担いながら金銭授受問題で閣僚を辞任した甘利明氏の代役を務めた。

 12カ国は3日に続き4日午前に閣僚会合を開催した。新たにTPPへの参加を希望する国への対応や常設の事務局の設置などを話し合う。

 TPPは署名から2年以内に全12カ国が国内手続きを完了すれば、その60日後に発効する。2年後以降でも、12カ国のGDP総額の85%を占める6カ国以上が手続きを終えた60日後に発効となる。各国の政治や法整備の状況から、実際は2018年以降になるとみられている。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top