林檎舎ニュース

投稿日:2015/09/26

中日:山本昌選手が引退発表し話題に・決断しました というメッセージと共に今季限りの引退へ

中日:山本昌選手が引退発表し話題に・決断しました というメッセージと共に今季限りの引退へ

今シーズン限りで引退する選手が相次ぐ中、中日ドラゴンズの山本昌選手も引退を発表しその話題が注目を集めています。
山本昌選手は現役最年長の50歳。先月の試合で突き指をし2軍で調整を続けていましたが、今シーズンでの引退の意向を球団に伝えていたと報道されました。

ツイッター上では現役最年長選手の引退に対し、感謝の言葉やお疲れ様、といった言葉で溢れており、山本昌選手が愛されていたのが良く分かる引退表明となりました。

【山本昌 今季限りの引退を発表】中日の山本昌投手が、公式ホームページで今季限りでの引退を発表。8月の左手人さし指の突き指で、2軍調整を続けていた。
中日の山本昌投手引退へ 現役最年長50歳

中日の山本昌投手引退へ 現役最年長50歳

プロ野球の現役最年長で50歳の中日・山本昌投手が、今シーズンかぎりで現役を引退する意向を固め、球団側に伝えていたことが分かりました。

山本投手は現役最年長の50歳で、昭和59年に中日に入団し、アメリカ留学で習得したスクリューボールを武器にエースに成長しました。
最多勝のタイトルを3回獲得し、平成6年は19勝を挙げて沢村賞も手にしました。
徹底した自己管理で現役を続け、平成18年には41歳1か月でノーヒットノーランを達成し、プロ野球史上最年長記録となりました。
さらに、去年9月には49歳で勝利を挙げて、昭和25年の阪急・浜崎真二投手の48歳10か月を64年ぶりに更新し、これまでにプロ野球史上16位の通算219勝を挙げています。

山本投手は先月9日に49歳11か月で今シーズン、初めて登板しプロ野球の最年長出場記録を再び更新しましたが、左手の突き指のため2回途中でマウンドを降りて、2軍で調整していました。
山本投手は、今シーズン限りで引退する意向を固め、球団側に伝えたということです。山本投手は自身のホームページで「こんな幸せな野球人生は生まれ変わっても二度と送れないでしょう」とコメントしています。

【参照】NHKニュースウェブ

中日ドラゴンズ:山本昌 選手プロフィール

◆山本昌(やまもと・まさ=本名・山本昌広)1965年(昭40)8月11日、神奈川県生まれ。日大藤沢から83年ドラフト5位で中日入団。主なタイトルは最多勝3度、最優秀防御率1度、最多奪三振1度、ベストナイン2度。94年沢村賞。186センチ、87キロ。左投げ左打ち。今季推定年俸4000万円。

【参照】日刊スポーツ

「中日:山本昌引退発表」ツイッターでの反応

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top