林檎舎ニュース

投稿日:2015/09/09

東海地方を中心に「暴風警報」発令中!休校にテンション上がる学生を尻目に社会人は出勤か…

東海地方を中心に「暴風警報」発令中!休校にテンション上がる学生を尻目に社会人は出勤か…

台風18号が接近中ですが、やはり学生が気になるのは「暴風警報が出てるか」と「台風の進路(進路予想)」だと思います。現時点で東海地方を中心とした岐阜、愛知、三重、静岡は多くの地域で暴風警報が発令中です。今後の情報にも注視して下さい。

この記事で公開している情報は6時45分時点のものです。
最新の警報・注意報情報はこちらで随時確認するか、報道機関の情報を各自でご確認下さい。直前で暴風警報が解除されて学校があっても当サイトは責任を取れません。登校になっても学生頑張れ!

台風18号:暴風警報:9月9日の天気
【tenki.jp 本文より抜粋】
風18号が東海道沖を北上しています。台風は昼前までに東海地方に上陸し、夜には温帯低気圧に変わり日本海へ進む見込みです。秋雨前線の影響も加わり、中国や四国から東北にかけて断続的に雨や雷雨となるでしょう。近畿や東海から関東では局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となる見込みです。土砂災害や低い土地の浸水に警戒して下さい。東海では暴風にも警戒が必要です。

台風18号 東海地方へ上陸の恐れ

台風18号は、秋雨前線を刺激しながら、日本の南を北上している。
台風18号は、三重県や愛知県、千葉県など東海や関東の一部を強風域に巻き込みながら北上している。台風はこのあとも北へ進み、9日の午前中には東海地方へ上陸するおそれがある。

そのあと、東海地方や北陸地方を縦断して、午後には日本海へ抜ける見込み。
秋雨前線の雨雲だけではなく、台風本体の雨雲もかかり、大雨になるところがありそうだ。9日夜までに予想される雨の量は東海と関東甲信で350ミリ、近畿で300ミリとなっているほか、中国・四国から東北にかけて100ミリから200ミリとなっている。

土砂災害や低い土地の浸水、暴風や高い波などに厳重に警戒が必要となっている。

【参照】日テレNEWS24(9日:3時45分更新)

<台風18号>9日は紀勢線や東海道線で運休や間引き運転

JR東海は8日、台風18号の接近に伴い、9日朝から一部の列車の運転を見合わせるほか、間引き運転を実施すると発表した。

同社によると、紀勢線亀山-新宮▽参宮線多気-鳥羽▽名松線松阪-家城のいずれも上下線で始発から午後1時ごろまで運転を見合わせる。午前9時から午後5時ごろまで間引き運転をするのは、東海道線豊橋-米原(通常の約3割)▽武豊線大府-武豊(同5割)▽中央線名古屋-瑞浪(同7割)▽関西線名古屋-四日市(同)--など計7路線の上下線となる。

同社は「台風の動き次第では、間引き運転を始める時間が早まる可能性もある」と話している。

また、中部国際空港を9日に発着する計50便が欠航する。欠航が決まったのは、福岡や札幌などの国内線で37便。国際線はソウルやハノイなどの13便となっている。【竹地広憲】

【参照】ヤフーニュース:毎日新聞

台風18号接近:暴風警報での休校を願う声:ツイッターの反応

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. はい、おわた

  2. 11時まで暴風警報でろよ…

  3. 今日は学校休みになった♪何しようかな~

Return Top