林檎舎ニュース

投稿日:2015/09/08(最終更新:2015/12/02)

台風18号の影響で静岡県で豪雨・浜松市では駅の地下道がプール状態に

台風18号の影響で静岡県で豪雨・浜松市では駅の地下道がプール状態に

台風18号が接近していますが、8日の朝から静岡県では豪雨となり「浜松駅の地下道がプール状態」「浜松市の安間川が氾濫危機」という話題が注目を集めています。関連する画像・動画がツイートされており予想以上の雨量だと思われます。

【関連】ツイッター「浜松市」検索
【関連】ヤフー避難情報

台風18号:静岡県浜松市:地下道がプール 1
台風18号:静岡県浜松市:地下道がプール 2
台風18号:静岡県浜松市:地下道がプール 3
台風18号:静岡県浜松市:地下道がプール 4
浜松駅地下道が水没被害、まるで足湯だと話題-市内で冠水浸水

浜松市の安間川が氾濫危機、周辺住民に避難指示

台風18号:静岡県浜松市:安間川氾濫危機 1
台風18号:静岡県浜松市:安間川氾濫危機 2
台風18号:静岡県浜松市:安間川氾濫危機 3
台風18号:静岡県浜松市:安間川氾濫危機 4
浜松市の安間川が氾濫危機、周辺住民に避難指示-冠水・浸水被害のおそれ
台風18号:静岡県浜松市:地下道画像 1
台風18号:静岡県浜松市:地下道画像 2
これアレでしょ?????水の中に入ると敵とエンカウントするタイプのダンジョンでしょ????

台風18号と前線で大雨警戒=9日東海か近畿上陸―浜松市、7万人に一時避難指示

東日本の太平洋側に停滞する前線に向かい、北上する台風18号の湿った空気が流入したため、8日は東海地方を中心に大雨となった。

18号は9日朝に東海か近畿に上陸し、日本海側へ縦断する見通しで、気象庁は東日本と近畿では大雨や暴風、高波に厳重に警戒するよう呼び掛けた。

浜松市では48時間雨量が300ミリに達し、安間川が氾濫危険水位を超えた。同市は8日午前、東区と南区の一部計約2万7500世帯の計約7万3600人に避難指示を出したが、その後避難勧告に切り替えた。

空の便にも影響が出ており、全日空と日本航空は9日午前の中部空港発着便を中心に計25便の欠航を決めた。

18号は9日夜に日本海側へ抜け、10日に温帯低気圧に変わると予想されるが、大雨は関東甲信を中心に10日も続く恐れがある。土砂災害や河川の増水、低地の浸水に警戒が必要。前線が北上し、東北地方も雨量が増える。
18号は8日午後6時、八丈島の南南西約350キロを時速30キロで北へ進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。中心の北東側330キロ以内と南西側170キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

【参照】ヤフーニュース

「静岡県浜松市:台風18号 豪雨被害」ツイッターの反応

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top