林檎舎ニュース

投稿日:2015/11/24(最終更新:2015/12/02)

トルコ軍がロシア軍機を撃墜:シリア国境付近の領空侵犯容疑で撃墜された模様

トルコ軍がロシア軍機を撃墜:シリア国境付近の領空侵犯容疑で撃墜された模様

11月24日に報道された内容によると、トルコ軍がシリア国境付近で領空侵犯を繰り返し警告を無視したロシア軍機(Su24)を撃墜したようです。ロシア軍の戦闘機に搭乗していたパイロットはパラシュートで脱出しシリア国境付近に降りたようですが、生死については情報が錯綜しているので進展を待つ形となります。

トルコ軍F-16戦闘機がSu-24とみられるロシア軍戦闘機を領空侵犯容疑で撃墜、ロシア軍機は墜落、パイロット2人は脱出して無事とみられるが人質化の恐れ。冷戦終結後NATO加盟国がロシア軍機を撃墜した事例は初めてか。
トルコ軍がロシア軍戦闘機を領空侵犯容疑で撃墜。映像。
ロシア軍機は「地上から撃墜」か トルコ軍が国籍不明機の撃墜発表

(CNN) シリアのトルコ国境付近で24日、ロシア軍機が墜落した件について、ロシアの国営スプートニク通信は同機が地上から撃墜されたとの見方を伝えている。

同通信がロシア外務省の話として伝えたところによると、墜落したのは戦闘爆撃機スホイ24で、高度6000メートルの上空を飛んでいた。複数の乗員がパラシュートで脱出したとみられる。

一方でトルコ軍は同日、シリア国境付近でトルコ側への領空侵犯を繰り返した国籍不明の軍用機を撃墜したと発表した。
トルコのアナトリア通信は大統領周辺からの情報として、ロシアのスホイ24がトルコ領空を侵犯し、度重なる警告を無視したため、交戦規定に従って撃墜されたと伝えた。

【参照】CNN.co.jp

トルコ機がロシア機を撃墜か 両国緊張も

内戦が続くシリアと隣国トルコとの国境付近で24日、トルコ軍が、領空を侵犯したとしてロシアの爆撃機とみられる軍用機を撃墜し、両国の間で緊張が高まりそうです。

トルコ軍によりますと、現地時間の24日午前9時20分ごろ、トルコ軍の戦闘機が、シリアとの国境付近で領空を侵犯したとして国籍不明の軍用機を撃墜し、軍用機はシリア北西部ラタキアの近郊に墜落したということです。
トルコのメディアが伝えた現地からの映像では、軍用機とみられる機体が空中で激しく炎上しながら急速に降下し、墜落したとみられる山岳地帯の場所からは黒煙が上がっています。また、パラシュートが落下する様子も映っており、トルコのメディアは、軍用機の乗員2人が脱出したと伝えているほか、このうち1人が現地の武装勢力に拘束されたとも報じています。

ロシア国防省はロシアのメディアに対し、撃墜されたのはシリアの上空6000メートルを飛行していたロシアの爆撃機「スホイ24」だと明らかにしました。
トルコとの国境に近いシリア北西部では、ロシアとアサド政権の軍が反政府勢力に対し、連日大規模な空爆を続けています。

トルコ側は「軍用機はトルコの領空を侵犯し、警告を繰り返したにもかかわらず飛行を続けた」と説明しているのに対し、ロシア側は「爆撃機はシリア領内を飛行していた」として領空侵犯はしていないとの立場を強調しており、両国の間で緊張が高まりそうです。

【参照】NHKニュースウェブ

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top